“Eat, Live and Love.”

身体をもって生きる素晴らしさを、あなたというたったひとつの魂とともに、味わい尽くす今世での旅。

目に見えるこの世界で、目に見えぬものを大切にしながら、愛の次元を上がり、巡る。

与えられたギフトと共に、自分の人生を生きること。

そのすべてをサポートさせていただくために、わたしもまた、同じこの世界に生まれてきました。

Ephias

 – エフィアス –
めぐりめぐる愛という意味の造語

Ephiasの名前の由来について

詳しくはこちら >>

Mai Matsunaga

心理セラピスト / フードセラピスト

1983年2月28日7時16生まれ。中京大学心理学部心理学科卒業。一児の母。20代をフランス、上海、NYで過ごし、ベジタリアンの料理人として活動しながらヒーリングなど学び2012年帰国。2014年ニュージーランドにて出産後、翌年からスピリチュアルセラピストとして活動を開始、個人カウンセリングやセラピスト育成、リーダー向けセミナー開催など全国・海外を通して活動。

現在はオムニボア(雑食)。ベジタリアンとオムニボアの架け橋になるべく、すべての生きとし生きるものに与えられた、共通のギフトでもある「いのちの尊さ」について伝えている。

Blog

Blog がテーマごとに別れています。

 

Archivement

活動実績

~2006

20代前半をフランス⇨上海で過ごす

「生きている意味」を問い続け、無価値感と母との確執に苦しんだ子供時代ののち、20代前半をフランス⇨上海で過ごす。

高度成長期の中国において食の安全への不安や、感情的なこじれから来る摂食障害などを経験後、身体/生に直接関わる食の道に進むことを決意。上海在住中に飲食店の経営に携わったのち渡米。

2007

アメリカ・ニューヨーク 2007~2012
以下店名、全てヴィーガン、ベジタリアン、マクロビオティック、ローフード、精進料理
NYの日本人学校、子供向け食の講座・講師
Earth Sky Time (Baker), Souen Soho (Chef, pastry) , Hangawi (waiter),
Sun in bloom (Baker), Blossom du jour (Store manager), Cocoa V (Chocolatier)  

アメリカ、バーモント州のコミュニティファームに滞在しながらベジタリアンのあり方を学ぶ。その後ニューヨークの老舗マクロビオティック店で、ヘッドシェフとペストリー(デザート)係を務める。当時実践していたヨガ・瞑想を通して、ヴィーガン(卵、乳製品なしのベジタリアン)、ローフード(酵素を壊さない低温で調理する方法)という在り方がいかに身体を楽にするかを日々体感し、火を使わないキッチンの澄んだ波動に衝撃を受け、そのままローフードの研究を始める。

料理をする一方、レイキなどのヒーリングや多様なセラピーを現地で学びながらヴィーガンのショコラティエや韓国の精進料理店などに勤務したのち、日本へ帰国。

2014

ニュージーランドにて第一子を出産

海外で独り出産した時の尊い経験から、「命に関わる仕事に就きたい」と強く感じるようになる。出産前後に経験したDVや共依存、小さなころからの生きづらさと母親との確執を一から一掃するため、改めて癒しと人間の心理について深く学ぶためにヒプノセラピーを学ぶ。

2015

セラピストとして活動を開始(インナーチャイルド・前世療法/ スピリチュアルカウンセリング他)

セラピスト養成, リーダーシップ向けセミナー開催,感情の解放ワークショップ開催他

個人の段階に合わせて、感情の解放の仕組みや癒しについて理解してもらいながら実践する、独自のスタイルのセッションを行う。食の道にすすんだきっかけともなった「命」というテーマにも積極的に取り組む。セラピスト養成講座やリーダーシップ向けセミナーを開催、個人セッションなどを通して癒しを探求。

2017

名古屋・関東・関西 料理教室, 瞑想ワークショップ(子供向け含)開催

2018

インターネットラジオ, FMラジオ出演, 日本の食を自由にする活動, 食の講座 講師,
浄化・感情の解放をサポートするツールの制作販売スタート The nene ニネ 

2020

自閉スペクトラム症・ディスレクシア(識字障害)と診断

長年の生きづらさや確執が実は発達障害からきていたことが発覚。周囲に少しづつ理解をしてもらいながら支援を受け始める。

2021

Life is still going on !