この世界に、あなたがいてくれて

本当に良かったって、そう思ったんだ。きっとたくさんの、死ぬほど苦しい時間や、他の人に理解されない愛のことを

ずっと、そうやって、もがいて、それでも明るい未来に向かおうとしてきたこと

わたしはそれに、ずっと支えられてきたし、もしかしたら自分が、

そういう存在になったこともあって

今も、あなたがそうやって、この世界に存在してくれていることが、嬉しい。

 

孤独で辛い旅の中に、さいごの灯火みたいにして

その愛に照らされて、

わたしはまた、明日に向かえるんだよ。

 

 

 

もしも、世界のすべてが真っ暗で、どこにも向かえなくて、全てが壁で、なにもかもに断絶されたような気持ちになったら、

それはきっと、あなたが「愛」である証拠だよ。

その愛を、わたしは守るよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。