一緒に歩いてるよ

この世界に

ひとつも正解がない中で

誰の肩を持つでもなく

自分の立場を擁護するでもなくただ

ひとや、ものごとが然るべき場所に治まることを、祈ること

 

たとえそれが時に、自分に不利だったとしても

たとえそれが、時に自分が真っ先に苦しまないといけないとわかっていながらも

それでも、ぶれることなく

それだけを祈り、そこへ向かうこと

 

その旅はなんて、酷だろうと思うし、誰かがなにかを乗り越えてゆくさまを

理解にたどりつくまでの道を

見守るしか術がないとき

いつも、

もどかしく、自分はなんてちっぽけで、それでも祈り続けるしかないんだ。とそう思う。

 

なんの、見返りもない旅

誰かが自分らしく生きることを応援する旅

見返りもないって

書いたけど

 

苦しい時間を経た後に、もうなにひとつ、期待してはいけないよねと本当に最後おもったあとに

 

忘れた頃に

 

ひとや、ものごとが然るべき場所に治まる瞬間を

 

これまで何度も何度も目撃してきたんだ

 

 

 

それは、過去未来すべての時空をこえて

世界を癒してく

 

価値があることなんだよ。

 

一緒に歩いてるよ。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。