マッシュルーム1200円

そんなこんなで、

長年の呪いがとけたこともあり、このブログもまた

「山下がいること」前提で成り立っていたのが、山下がいてもいなくても展開していってよい。

という許可(自分のなかの)が出た。

よかったのか悪かったのかまだよくわからないが、ま、やってみんべ。

 

 

ところでタオさん(小学一年生)は、

保育園時代に

1人でタリーズコーヒーにいって、1人でアイスを注文して食べて帰ってくる

しかもママに内緒で

 

という逸話を残している息子なんだけど、

(あのときはまじでブチギレた😂)

 

最近はおつかいもできるようになってきてるので、近所のコンビニから

今日は足を伸ばして、自転車で15分くらいのセイユーに

ピーマンとマッシュルームを買いに行ってもらうというミッションを与えた。

 

昨日、お買い物する前に

あさたべているヨーグルト、これはいくらくらいするものだと思う?と訊いた。

「うーん、800円くらいかな」と

言ったタオさん。

可愛い😭💕 まだわたし級に世間知らずで安心した😭

 

今朝、昼のピザを焼くのにピーマンとマッシュルームを無事に買ってこられるように、メモをして、そして

「いくらくらいだと思う?」と訊いた。

タオさんの中で、ピーマンは1000円くらい

マッシュルームは1200円くらい

だという。

タオ物価、可愛い😭😭😭💕💕💕

 

そして、ものの価値をいっしょに感じる練習はとても大切だなあと思った。

彼はお年玉をもらったり、ゲームの機械がいくらくらいかを知ってて、

ガチャガチャが300円とか500円だってことも知ってて、計算もできるわけで。

 

だから、ガチャガチャよりも、ピーマンやヨーグルトは高いって思ったということだもんね。

 

わたしも、昔中国に住んでいたり、ニューヨークに住んでいたり、

日本とはまったく違う物価の世界の中で、

本当に「お金の価値」についていつもいろいろなことを思いながらここまできた。

 

お金に強い子に育ってほしい。生まれたときからそう願って、小さな頃からよくお金の話をした。

 

 

朝とつぜん歯の詰め物が取れて、あわただしく歯医者にいったわたしと、セイユーでミッションをクリアしてきたタオさん。

 

「ピーマン、いくらだった!?!?1000円だった!?!?」と訊いたら

満面の笑顔で、

「198円だった😆!!!」

と言っていたタオさん。

 

買ってきてくれたピーマンも、マッシュルームもお昼ごはんのピザに乗せたら

興味津々で、

「どれがマッシュルーム?」と聞いていた。

 

食べるもののことを知るって、すてきなこと。

 

ただ食べるだけじゃなくて、スーパーでどんなふうに並んでて、

いくらだとかさ。

 

 

ストーリーがある食べ物は、一層美味しくて

毎日が、大冒険だね。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。