あなたを幸せにすると決めたこと

その手を

つないでは離して

つないでは離して

会えた時も

会えなかった時間も

 

そして、心の底から、あなたに幸せでいてほしいって

わたしはそう思ったんだった。

 

不安で声を震わせるわたしに

「こっちおいで」と呼びかけて

抱き上げて

もう、この人はいなくならないんだとそう感じた

 

そして何度も思った

 

わたしも、あなたも

もう十分すぎるくらいに、苦しんだから

本当に彼が、どのくらい苦しんできたかをわたしは

誰よりもよく知っているから

 

だからもう二度と

苦しめないと

ただ穏やかで

幸せで

憂いの無い場所で

ささやかな話をしていたいと

そう思ったから

 

生きることが驚くほどに煌めいて

驚くほどにシンプルで

驚くほどに簡単だったってことを

わたしはその6分のでんわ越しの優しい声の向こうに、やっと確かめたんだ。

 

もう、何も怖くない。

どんな悲しいことも、その人生の上では、美しい。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。