れんらくちょう

母親らしいこと何一つできずに

ただ助けを乞いたり

支えろと無理なことばかりを言い続けた後で

なお

文句ひとつ言わず

愛を与え続けてくれた、舵央

もう、ダメだと何度も思って

2人とも、ボロボロに傷ついて

堕ちるところまで堕ちた挙げ句の果てに

引き離されて

わたしたちが2人でいられるように

助けてくれるひとは居なくなって

どうしていいか

本当に

わからなかった

 

長い、長い辛い時間のあとで

たおくんはわたしの知らないところで成長していて

前には持てなかった勇気を持てるようになっていて

わたしを

怖がっていた日々から

助けてくれる日々へと

遂に、シフトした。

 

あのとき皆が

絶望的なわたしたちの状況を

死ぬ気で救おうとしてくれたから

 

時間差で

いろんなことが調和に向かおうとしてるよ。

 

 

ほんものの連絡帳を

まだ一度も見たことがない、母親に

「まいにち、こんなふうに書くんだよ」と教えてくれる

文字も計算も

一度も教えたことのないすべてを

世界で吸収してわたしに、教えてくれる

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。