わたしの願い

わたしの願いは、3次元と4、5次元が

一緒になかよく生きられる世界を、つくること

 

ベジタリアンと、オムニボアが一緒に食卓を囲める世界を、作ること

発達障害の子と、定型発達の子が、同じクラスで遊んだり

勉強ができる世界を、作ること

3次元のみんなが、そうじゃないみんなを、助けられる世界を

作ること

子供の意思を、親たちが汲み取れるようになって

悲しいおもいをする子供たちも、はがゆいおもいをする親たちも

いなくなること

 

 

それが、ひとつになって

橋がかかって

みんなが

別れる選択じゃなく

分かち合う選択に

むかえること。

 

 

子育ても

発達障害も

食も

癒しも

どれも

すべて

 

その橋をかけるために。

ひとつになってゆくために。

 

 

 

食べることは、3次元に属してる

身体があるからこそ

肉体があるからこそ

目に見えるものがあるからこそ

それは

ずっと、続いていくから。

 

そして

愛することは、高い次元に属してる

それは時空を越え

目に見えない場所に

ずっと、続いていくから。

 

そして生が

その間を、つなぎ、水路となって

命をわかちあい

その両方を輝かせてゆくんだと思う

 

 

食べることは、生きることであり

生きることは、愛することであり

そのどちらもが

欠けてはこの世界は成り立たない。

 

 

Eat, live and love.

 

どこまで進んでも

わたしが見つめる先は、ずっと昔から変わらない。

 

 

ニネターブル。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。