カモシカとどうとくのクラス

校区内でカモシカが出没しています。

ていうお知らせが小学校から来た。

特別天然記念ぶつらしい。友達になりたいなあ。🥺

 

きょうは、たおさんの7回目のおたんじょうび。

 

雨の日も

晴れの日も

ここまで大きくなってくれて

ほんとうにありがとう

 

今度かもしかを探しにいこう

 

 

 

 

このまえたおさんが、「どうとく」のクラスでこんな話をしたよ。と言ってくれた。

そういえば道徳のクラスで、正しさのことや愛のことや生きるってことについて教えてもらうよなあと思いながら。

それをちゃんと教えられる先生って一体全国に

どのくらいいるんだろうとか思った。

タオさんは、ママがなんのお仕事をしてるのか知らないので
(多分塩を売ってる店をやってるとおもってるかも)

「たおくんのママは何のおしごとをしてるか知ってる?」と聞いた。

 

「え?なんだろう・・・」

 

ママ

「どうとくの、せんせいだよ」

そう言ったらすごくときめいてた。

小さな頃からずっと、ママは愛の先生だからねって言い続けてきて、ちょっと学校で聞いたこととつながったのかな。

 

「だから、どうとくのクラスで、先生がいってくれたことで、よくわからないな、と思ったり、せんせいのいってることが変だなとおもったら、ママに聞きなさい」

と言った。

 

そして

「ちなみにどうとくって、どういう意味か知ってる?」

と聞いた。

 

たおさんは知らず、

「わかんない」

と言ったので、

 

「タオ」って意味だよ。君

 

と言った。

 

道徳の道は、タオと読む。

徳はテー。

昔むかし、老子が残してくれた、タオテーチンと書いた愛の教科書に、 道徳のことが書いてある。

「だからタオくんは、道徳って意味だよ。」

 

そういってから、どうとくのクラスを受けたタオくんは

どう感じるのか楽しみ。

 

おなかからまもなく出てくるなあと思ったときに、

いくつか名前をつけるリストがあった中で

「あ、タオが来る」

そうわかって、胎盤入れ用にとってあった2Lのアイスクリームの空箱に、

大きく「TAO」と名前を書いた、7年前のこの日。

あっという間だなあ。

 

 

【35歳、自衛隊勤務。彼女募集中。】

ってかんじ(顔だけみると)のたおさん。

7歳🎉

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。