愛の、賞味期限

愛に、賞味期限があるとしたら、それは、消費期限くらいに短いか、

それか、剥きたての、いろが変わるまえの瞬間の

ほんのりピンクがかった、淡い乳白色の、桃くらいに

はかなくフレッシュで、ジューシーなものだと思う。

それはそれは水水しく鮮やかで、一度食べたら忘れられないくらいに喜びに満ちていて、おなかを壊すくらいに食べたいのに、そんなには食べられなくて、

そして季節が過ぎるとあっという間に姿を消す。

次に口に入って同じ初夏の記憶をむさぼり味わえるのは、一年後になる。

 

愛は、どちらかというと、永遠であると同時に

そのくらいに、「今この瞬間」に属している。

 

ボヤッと突っ立って、美味しそうだなと眺めていたらそれはあれよあれよと色が変わり、さっきまで芳しい匂いをそこらじゅうに撒き散らしていたのが、嘘みたいに

色褪せていく。

 

じゃあ、どうしたらいいんだろう。

 

食やいいんだよ。

 

目の前に現れた瞬間に、かぶりついて、口の周りをべちょべちょにしながら、味わえばいい。

めちゃくちゃめちゃくちゃおいしかった!また食べたい!と叫べばいい。

 

そして無くなったら、おいしかったなあと思うだけでよい。

また食べたいなあと思いながら、空を見上げていたら、次は大粒のブドウの季節がやってくる。

 

 

愛を前に、それが一瞬で消え失せたことにがっかりしたことが、きっと長い人生の中で一度や二度、誰もが体験したことがあると思う。

そして、あまりに特別でスイートな体験だったから

それが失われたことが信じられなくて、絶望したかもしれない。

 

 

でもね、愛って、そういうものなの。

 

ふたを開けておいたらあっというまに溶けちゃうアイスクリームみたいに

味わったら消えてどこかへ翔んでいくものなんだ。

 

 

 

心配しなくていいことは、毎年夏はやってくることや、ももがスーパーから消えた時にはもう次の果物が並んでいること、そして、

今この瞬間を全力で過ごしている人にとって

 

それは絶え間なく続く、永遠にみえるものに変わっていくってことなんだ。

 

 

それは、缶詰に入った何年も賞味期限の長い、乾いて死んだ非常用食品じゃない。

 

いつか、食べようと大事に押し入れの奥にとってある、とっておきの乾パンみたいにして、使うものじゃないんだよ。

 

一瞬で、消えるそのダイナミックな味わいだからこそ

今味わうんだよ。

 

今この瞬間にしか、何も起こってない。

 

 

それだけは、約束するよ。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。