曇りの午後

とりあえず、すべてを高いところからみると、

ふいに気づきが起こることがあるから、

全部を包括した上で、

 

今日はそして、

どうするか、なにをするかではなく

理解をしていきたいと思う。

 

世界の、ずっと、先を歩くもの。

すべてが見えて、その上で、決断してくこと。

 

人々のその見事な自分劇場の滑稽さは、否定すべきものでもなく、そして肯定すべきものでもなく、

然るべき方向へ向かうのを、見守るだけだ。

 

あなたが知らない場所で、

もっともっと高い存在たちはずっと、働き続けてくれている。

 

 

それを、けして、忘れない。

 

わたしは誰の味方でもなく、低い場所に水を流す、高い場所にいるものを支える。

 

合掌。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。