ほんとうに誰かを救いたかったら

ほんとうに誰かを救いたかったら、

ほんとうに誰かを助けたかったら、

こうなってほしい、も、きっとこうなんだろう、も、自分はこう思う、も、

こうすべきだ、も

全てかなぐりすてて

ただ、無になって、相手をみるしかない。

 

それでも助けると思ったときに、

はじめて相手は救われるもんだ。

 

 

ひとは、癒しに向かう。

助けを求め、そして気づきを得て、ススム。

 

そのときに、助ける側が、何かを決める余地なんて

ほんとうはほぼ皆無なんだよな。

 

相手は、いつも、確実に、自分の歩幅で、必死で歩もうとしてる。

そこに歩幅を合わせられるかが、

全てだ。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。