愛を食べて、今日も生きる

誰かが、誰かを憎んだり

疑ったり

嫌いなことに

胸が苦しくて

今日はずっと、悲しくて、動けなかった。

自分が誰かから憎まれることもいやだけど

 

ただ、誰かがそういう気持ちをもっているのに触れたときに

今日は、悲しかったんだとおもう

 

何かを正したいとか

正義を押し付けたいとか

いいことをしたいとか

そう言う感じじゃなくて

 

ただ、なにかが傷んでいるのを見たら

そっと、それを治したくなる

お花とか

壊れたものとか

息絶えそうな、生き物とか

 

どんなものを、食べて、過ごしているかを

訊かれたときに、いろんなものを答えるわたしをみて、

食べれるものや、食べれないものや、

食べれるときや、食べれないときを

「マイサンはほんとに、愛を食べてるって感じだよね」と言われてから、しばらくすごして、

わたしはきっと、本当にそうなんだとおもった。

 

なにかの食べ物や、言葉や、誰かの身につけてるものじゃなくて

愛を食べて、生きるから

いつも、本当に

すべての自分の生きる糧が、文字通りの愛なんだろうとそう思う今日

 

 

タオ君が帰ってきて、今日かなしかったことを言った。

 

ママが、りゅうじに会いたくて、きてほしくて、ずっと何年も待っていることや、きてほしかったけど、みんなはそうじゃないかもしれないこと。

みんなは、男の人が嫌いで、男の人を必要としてなくて、子どもの男の子はすきだけど、大人の男は嫌いなんだって。

そう言ってしょんぼりして動けなかったわたしに、

 

ぼくは、大人の男が好きだよ。

みんなにきてほしいし、好きだよ。

と言ってくれたタオ君。

 

「ママ、だいじょうぶ。

りゅうじは、今はこなくても、必ず来るから、しんぱいしなくていいよ」

 

とそう言って、

ボクは、男も女も、会ったことがあるひとは、みんな好きだよ。

 

と、昔から見せてくれる博愛の、誰もを疑わず、誰をも愛して、

誰をも信じる姿に

本当に安心して、

一番そばにいるたおくんが、愛でいてくれることで

わたしは生きていられるんだと

そう感じた。

 

わたしにだけ優しく

わたしにだけ愛を注ぎ

わたしにだけ

尽くさないでほしい

昔から、わたしをたいせつに扱ってくれる人が、目の前で態度を豹変させて、他のひとにいじわるく接するたびに、それが怖くてたまらなかった。

誰かを大事にできる人が、自分のことをとても嫌そうにするのが、悲しくてたまらなかった。

 

 

誰かが、誰かを、いつも大切にしてほしい

いつも、誰かが、誰かを信じていてほしい

自分自身のことを、心から大切に、愛してほしい

 

ボクは、みんなが好きだよといつも言い切ってくれる

タオ君が、ママを大切にするだけじゃなくて

他の人にも優しくいてくれますように、と思いながら。

 

タオ君が

今日はボクの部屋で寝るか、誘ってくれた。

 

タオ君は、タオ君のこと好き?と訊いたら、

大好きだよと言ってくれた。

 

葉っぱも元気に育ってねと言ってくれた。

 

ここは、愛に満ちている。

 

世界もそんな場所になっていってほしい。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。