信頼

鍵は、信頼だと思う。

この半年、どれほど人々のずさんなコミュニケーションを目の当たりにしてきたかわからないほどだった。

 

メッキがボロボロに剥がれ落ちて、かれらの本当の姿を突きつけられて

ただでさえ、何度だって人を信じられなくなるような経験を

イヤと言うほどしてきたのに

自分を前にすると

わかりやすいくらいに、ボロが出る

その人の

ひととなり

 

今日、そのコミュニケーションが本当のものか、メッキか

ぱっくりとふたつに分かれることの根っこにあるもの

それって「信頼」なんだなと思った。

 

一方的にコミュニケーションを完結させるひとたちと
(それは本来コミュニケーションとは呼ばない。自己満足とよぶ。)

きちんと、コミュニケーションが取れるひとたち。

 

その違いって何なんだろうってずっと思ってきたけど

それは根底に、相手を信頼しているかどうか。

そして、相手をきちんと信頼できるひとたちというのは、勝手に話を終わらせたり、しない。

訊ねたり、相談したり、提案したりがきちんとできる。

 

なぜか?

それは、自分のことをきちんと信頼しているからだと思う。

 

迷ったり、わからなかったり、不安だったり、できなかったり、

そういう自分のことをを、怖がったりしない。信頼する。

 

迷うからこそ相手に訊くし、わからないからこそ助けを求めるし、

不安だからこそ相手に委ねるし、できないからこそ信頼する。

 

それが本来のコミュニケーションなのだと思う。

 

わたしは、相手を信頼していないのではない。

相手を信頼して、その相手が自分を信頼していないから、こうなる。

わたしはそして、障害があるからしょうがない(たおくんの好きなダジャレ)だとか、偏屈だとか、人の好き嫌いが激しいとか、気難しい人間だと決めつけられる。

 

 

昔よく

期待を手放して、信頼に変えていく

というテーマでよく話をした時期があったなあ。

 

今、とても少ないけれど

自分自身への信頼とともに、わたしへの信頼、そして

自分たちへの信頼のもとに成り立つ関係が確かにあることに、奇跡みたいに感謝する。

 

 

相手を信頼できないなら、自分への信頼ができていないのでは?

もっと、自分を信じてあげなよ。

それだけで、本当のコミュニケーションは、始まるよ。

 

愛する人と、大切な人と関われないまま終わる人生なんて

愛があればあるほどもったいないよ。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。