それは、身体でするもの

食べることは、身体で、すること。

料理もまた、頭で考えるものじゃなくて、身体で覚えるものだ。

 

何年も自転車にのっていなくてヨボヨボになってきて、

なんとかよっこらせと跨った(またがった)ときに、

ヨロヨロよろけながら、数十年前の記憶が蘇る。

それは、身体に染みついているほうの記憶。

 

記憶もまた、頭じゃなくて身体に宿っている。

だから、わたしの身体はご飯を作ることを、覚えている。

毎日毎日いやと言うほどそれをやってきたから、何年もフライパンをふっていなくとも、頭では、もうわたしには料理がきっと、できないんだと思っても

身体は、すべてを、覚えてる。

 

生きることは、身体ですることだ。

全部そうだよ。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。