元の姿

 

今日も、あたたかくてとても良い日だった。

生きるって、こういうことなんだ、と

みんなの言葉や、すがたを見て

それをものすごく愛おしく、尊く感じる。

 

毎日が、無事に終えられること

わたしにとってはそれが、なにより生きていて、よかったと思えること

 

今、そばにいるひとたちが

毎日なにかに夢中になりながら、愛を交わして、そして、ひたすらに「生きて」いるのを見ながら

ほかにはもう何もいらないとそう思えた。

 

いつも

だれかに出会うと

その人のいくべき場所や

ほんらいあるべき姿や、まっとうしている状態

完成された姿みたいなものを、そこに見る

 

本来のその状態に

時間をかけて

だれかが無事に収まっていくことは、こんなにも、わたしにとってホッとして、調和以外のなにものでもなくて、

これでなんの心配もなく眠れると

安心することなんだとそう感じた。

 

世界が、元に戻ってゆくといい

ぐっすり眠れる。

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。