一晩中起きたまま、朝を迎えて

暗がりのなか、いまかいまかと雪が降るのを待った。

 

顔に、湿った雪の小さな粒が次々とくっつくのを

冷たく感じながら、まだ暗い中外を歩いた。

 

世界が真っ白になっていくのは、いつも本当にほっとする。

それが冷たければ冷たいほど、

優しい感じがするんだ。

 

陽が登って世界が明るく白くなったのを確認して、短い眠りについた。

 

毎日、ゆきちゃんや福祉の人が電話をくれて、わたしはずっと生きている心地がする。

たこやきをもらって、暖かい夜を過ごして、

静かで良い1日だった。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。