たおくんが消えた日

たおくんが、206で暮らしたい、と言った。

 

もともと、自分の希望をはっきり伝えたり、ほんとうのことをきちんと言うのが苦手なたおくんは、いつも黙って我慢したり、曖昧に流したり、それとなく周りに合わせるくせがついていた。

でもそれだと、今、2人でがんばって生活してみよう、とスタートしたときに

ママの助けがしたくても、難しくなるから、一個一個本当のことを言う練習をしてたところだった。

 

 

これまでも、ずっと1人で

ママのサポートをいつどんなときもがんばってきたたおくん。

まだ小学校にもならない今も、もっとずっと小さかったときも

本当に、どんな瞬間も、ただママを支えるために、必死でやってきた。

 

あまりに酷な状況でも、ママと一緒にいることだけは諦めずにきたたおくんが、ほんとうに疲れ果てて、自分のことばで、

「ママじゃなく、おばあちゃんちで暮らすことを選択した」瞬間だった。

 

 

たったひとりだけ、決して失うことはないだろうと思ってきた

たおくんが、いなくなって

わたしの目の前は真っ暗になったけど

 

ゆきちゃんをはじめとするみんなが、

「大丈夫」と支えてくれて、ぎりぎり自分を見失わずにいられる時間。

 

今までとは違う、不思議な感覚がした。

 

 

 

たおくんは、最後まで、ママが大好きで、愛してるとそう言った。

きっとわたしもそうで、

わたしたちは、一緒にいたかった。

 

 

こんなふうに、大事におもいあっている2人が、

離れ離れになるんだ。

 

それがたまらなく悲しいけど、今は、前を向こうと思う。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。