「すべての役割の背後には、死の誘惑がつきまとう」

 

5mlの精油を注文いただくと、とても嬉しくなる。

小さい瓶のほうが出るのが多いので、今日はまちがえて2mlを出荷しちゃったんだけど

ああ、そんなにたくさん使ってくれようとしてるんだって

すごく嬉しかった。

 

 

チャックスペザーノ氏の本、古い朗読がでてきた。

「すべての役割の背後には、死の誘惑がつきまとう」

 

 

 

 

役割って、ほんとうにいろんな部分でみんなをしばりつける。「おかあさん」とか「親」とか「女」とか「セラピスト」とかいろいろ。

エゴは、わたしたちを守ろうと必死になって、なにかを演じるけれど

それは最後、パリーンと弾けて割れる運命なんだ。

 

わたしも知らず知らずによくハマっては、もがいて苦しんで、

あ、と気づくことがある。

 

いつかの自分がときどき吐いた言葉や声に、ふとしたときに助けてもらうことがあるけど、今日は急にみつけた声に、そうだったそうだったと救われた。

 

いつか本を読んでくれたわたし、ありがとう。

 

わたしはわたしだよ。

それだけ。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。