根底の理由~幸せにしたい~

img_4733-1

2016年4月5日分再投稿

 

①つづき

 

あなたが、誰かを傷つけたくないのはなぜですか?
嫌われるのがこわいからですか?責められるのが怖いからですか?

それとも罪悪感を感じたくないから?

 

 

「相手を尊重する」というキーワードを丁寧に紐解いた、2016年4月。
母の猫が死んだことをきっかけに

私の中で湧き上がった、「自分よりも他人」というはじめての感覚から
母を幸せするまでのプロセスです。

誰かのために生きてはいけない、自分が幸せになるのが先だと
そう勘違いしてはいませんか?

いのちに、触れてください。あなたが生まれてきたいのちの源、
お母さんという偉大な存在は

今日、幸せに笑っていますか?

生と死のはざまで、
あなたはどこに向かいますか?

 

根底の理由〜マグノリア①つづき

 

 

 

 

 

 

 

相手を尊重したいのは、なぜなんだろうか?

そしてまた、相手を尊重できない自分を受け入れられないのはなぜか。

 

 

「相手を傷つけたくないから」のもう一段奥には、

どんな理由が隠されている?

その答えは、

「相手を傷つけたくないから」ではないのだ。

 

 

 

そのときのわたしの内側から、シンプルに

「好きなひとを、幸せにしたい」

が出てきたとき、ハッとした。

 

 

 

 

今までに何度も書いている、
自分のワクワクする興味の矛先

「気づきたい、学びたい、成長したい、変わりたい」

それは、確かに、純粋に

それが楽しくて仕方がないからもある。

 

 

 

でも「どうして相手を尊重したいのか」と聞かれ紐解いていく中で

 

「好きなひとを傷つけたくない」

「好きなひとを幸せにしたい」

が浮かび上がったときに

 

 

 

わたしが

気づきたいのは、

変わりたいのは

成長したいのは

自分のワクワクのためじゃなくて

「ひとを、幸せにしたいから」なのだ

とわかった。

 

 

 

 

 

自分が真実に「気づけ」ば、

むやみやたらと人を傷つけることはなくなる。

 

自分が「変われば」、

ひとはそこから、何かを受け取る。

 

 

 

今まで長いあいだ、

「これ以上自分自身を傷つけたくない

これ以上他人を傷つけたくない」

 

 

 

の、マイナスからゼロへ向かっていたのが

「わたしは、ひとを、幸せにしたい」

文字どおり生まれて初めて

ゼロからプラスに向かって転換したのを感じた。

 

 

 

どれほど好きなひとがいても

愛するひとができても

親に感謝はしても

息子が生まれても

「自分以外のなにかを幸せにしたい」

と本心から思えたことは、

いまだかつて一度もなかった。

 

 

 

 

それはおそらく、順番として

「まずはとにかく人のことよりなにより

不幸な自分をなんとかせねば・・」

があったからだ。

 

 

そして、わたしが参考にしていた方法論は常に

「他人よりも常に自分を先に考える」

と謳っていた。

 

 

 

 

しばらく穏やかな日々が続いて
涙することが減っていたところ

ひさしぶりに泣くのが仕事の女神らしく、

涙でできた、泉の水が溢れた。

 

 

 

 

ひめちゃんは、

病院の暗く小さなゲージのなかで、

もう生きているのか死んでいるのか

わからないような目をしていた。

 

 

 

 

数日がたち、

日に日に生気を取り戻すことを祈っていたわたしは

息子を連れて、病院に見舞いにいく。

 

 

 

薬漬けで食欲増進剤を打って虚ろな目で

 

何かを食べるその様子は、
何が本当で何が嘘なのか

わたしにはもうよくわからなかった。

 

 

続きをnoteで販売しています。

 

 

…………………………………………………………………………………

尻尾

だから、いまを。

根底の理由 マグノリア

根底の理由 幸せにしたい

 

 

note にて販売しています
順に追加しています

 

今を生きてください。

明日には、あなたは生きているかなんて、誰にもわからない。
あなたの大切な人が明日、生きているなんて
誰が保証してくれるというのだ?

 

 

「お母さん関連」の記事を全てnoteマガジンに順に入れております。

 

もうじき母の日です。

母として生きるあなたへ。これから母になりたいあなたへ。
いつか母から生まれてきたすべての人へ。

 

「いのち」について
なにかヒントを見出したいかたなど。

 

 

「自分のために生きる」ことを実践して、
幸せになろうと奔走しているのに

なぜか、苦しくなるばかりの人。

 

 

 

 

ぜひお読みください。

 

 

 

noteのアカウントマガジン一覧はこちら

月額550円の定期購読は新しい記事は全て読めますので
こちらもぜひご購読宜しくお願いします♪

 

 

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です