「優しい」虹

DSC_0172

 

まいさん、こんにちは。

(中略)

さっき自宅のベランダから二重の虹が見えたので、下手な写真ですが送ります。
縁起がいいかなあと思ってf(^_^;

では、月曜にお会いしましょう♪

 

 


 

 

優しいメッセージとともに

優しい虹の写真が送られてきた。

 

 

「優しい星」に引っ越しをして早数ヶ月。

最初は慣れない環境に戸惑ったが、

そろそろ「世界が優しい」ことも当たり前になってきて

毎日毎日、優しい出来事と人とのやりとり、愛に満ちた感覚が

 

溢れるほど降りかかる。

 

 

誰かが「縁起がいいかな」と

わたしの特別な1日に向けて

 

写真をとって

わざわざメッセージを送ってくれる

 

それは些細なことだろうか

取るに足らないことだろうか

 

 

とんでもない

 

わたしの世界を、

虹色に優しく包む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もすべて毛色の違うセッション3件だった。

 

ひとつは、船に乗る手前で暴れる思考により「溺れる系」
ひとつは、「どこもかしこも厳しく苦しい仕打ち星」から
先日「なんでかわかんないけど皆優しい星」に無事引っ越して、

新しい風景を楽しんでいる「引っ越し系」もーこの適当具合大丈夫?

最後は久々にしっかり「与えるワーク」を入れて
お母さん癒しにかかって涙してもらった。

←これは感情解放系ともまた違うけど「癒し系」ッてなんか違うような・・

 

 

 

 

自分のなかに、どんどん新しい

今まで感じたことのない「感覚」がアップデートされていく。

 

今まで知っていた「愛」はどんどんグレードが変わっていて

知らなかった感覚が芽生えて

 

そして先日は

 

 

誰もが知っている「優しい」

 

 

について

 

 

 

とてつもなく深くその「新しい」「いままでに感じたことのない」

 

「優しい」

 

 

に触れて、

 

またも言葉にならなかった。

 

 

 

 

何がとか、どうとかどんな風に「優しい」とかではなくて

 

もっともっと剥き出して原始的な

 

「やさしい」

 

 

をわたしはずっと味わいながら

 

引っ越した先の

 

「優しい」星で

 

 

小さく体操すわりをしながら

 

 

その

 

 

言葉にならない

 

 

「やさしい」

 

を気がすむまで味わった。

 

 

 

 

 

 

わたしの世界が、虹色に彩られたのは

たった一年前のことだ。

 

 

それまでモノクロだった世界が突然

 

ある日

 

 

虹色になった、8月のこと

 

 

それからわたしは

「虹」を大切に、大切にしながら

 

今も毎日を、過ごしている。

 

 

 

 

 


 

 

あなたの見てる世界の、モノクロの部分をこれから時間かけて

 

わたしが虹色に塗りたくるの

 

 

「塗るな!!」と言われながら、

 

ペタペタ、ペタペタ塗るのよ

 

 

 

 

 

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です