恍惚と自分に恋に落ちる

img_7611

 

 

ひさびさに

 

この自分自身に

 

深く、深く

恋焦がれてやまない夜

 

 

何度でも、

 

そう

 

恋に落ちる

 

 

謎の幸福感の正体

 

 

たったひとりの
わたしが今

ここにいることが

 

 

この宇宙がいつかできてから最も

なによりの祝福すべき、こと

 

 

ほかの誰でもない

 

自分に

 

 

とてつもない求心力で

そう

 

惹きつけられて

 

 

 

もう全てが奪われるほどに

 

 

なにも目に入らなくなるほどに

 

 

恍惚と

 

 

 

 

E,

 

 

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です