お金を払ってでも会いたいひとになる

 

2015年12月の分をスリスハッチ向けに再投稿


 

 

 

自分にプライスを貼るという作業は

全然簡単なことではありません。

 

 

わかりやすい

「仕事」の「給料」をもらうことが、
これほど楽なことだったんだと、

「給料が安い」と文句のひとつでも言っていた頃の自分の
浅はかさに胸が苦しくなります。

 

それくらい、今「身一つ」で

しかも「資格」も捨て「技術・能力」も捨て

 

松永まい

 

それだけに価値を置いて報酬をもらう。

 

 

それは、駆け出しの身でありながらも
生半可なことではないと、わかります。

 

 

一番始めに、その「価値」を「お金」という形で
払い会いにきてくれたのは、山下という男でした。

 

彼は、「会いたい人に会う」ために
「お金」を払うことのできる人間でした。

ノラジョーンズに会えるなら4万払ってもいいなあと言っていましたし、
実際わたしに会うために、毎回お金を払っていました。

 

キャバクラにいかなくても、
風俗にいかなくても、

女優さんやアイドルをテレビで見る事はできます。
アダルトビデオを見れば、エッチな女の子の姿を拝めるのです。

その辺に普通の可愛い女の子と友達になれば、無料です。

 

 

お金を払って、会いたいひとに
会いにいくこと。

 

循環の始まりです。

 

 

 

 

「会いたい人にお金を払って会いにいく」ことが

できるということは、

最終的により大きな「循環」を生み出す。

 

 

「お金を払わなくても会える、会いたい人」

というのは、いるわけです。

 

それは友人であったり、家族であったり、
いろいろです。

 

先ほど書いた、アメリカと日本の違い

「人に話をして気づきを得るためにお金を払う習慣」にも
通じるものがありますが、

 

 

会いたいけど、
「お金を払ってまでは、会いたくはない人」

 

「お金を払ってでも会いたい人

 

のふたつがあるとしたら、

 

そのおなじ「会いたいひと」との時間は、

どちらが自分にとって価値のある時間になるか
考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは、子供と遊ぶことも、東京や大阪へ行くことも
会いたいひとに会うことも、書くことも自分のセッションも

 

いまは本当に好きな事しかしないことに決めているので

それはそれは楽しいです。

 

 

でも、

 

もちろん疲れます。

 

 

わたしがセッションの値段をげろげろしながら
思い切り値上げしたのは、

 

 

ブログの発信を含む自分のその総合的にみたときに
費やしているエネルギーと時間への
対価も含まれているのです。

 

 

 

そして10月に、

わたしがたった数時間のセミナーに

 

8万円が、
「安い」と思って即申し込みしたのは、

 

 

それまでにそのセラピストのブログに書かれていた内容を
読み漁って実践して

 

自分の得た大いなる気づきや
そしてこれから得られるであろう価値を

 

見出し、そして
その時点ですでに8万円以上の価値がある
感じて、

感謝の気持ちを示したかったからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際そのひとに会ったひとなら
それはわかることかもしれませんが、

 

生身の人間のエネルギー、声のエネルギー
関わることで生まれる化学反応

 

 

「ひとを癒す」「気づきを与える」
「一般に向けたメッセージ」ではなく

ピンポイントで具体的に捉えるための
アドバイスは、

 

 

それは「目に見えない」確かな価値であり、

そこに対価を払い循環を起こして

相手は何かを持って帰るということが必ず起こり得る上に、

 

実は思っていたよりも、書いている内容が
読んでいたとしても「体感」まではできていないことが
たくさんの方にお会いするうちにわかってきました。

 

思考レベルで理解していたことを、
実際会って肚に落とす。

 

 

 

 

 

同じセミナーでも8万ではなく
参加費1万円であったとしたら、全く同じ内容であっても
参加者のかたの受け取れるものはそれだけ小さくなります。

 

高額をそこに投じることで、

参加者の方はワークショップが始まる前から

すでに大きな変化を体感しはじめるのです。

 

 

 

 

実際に日曜日の20分のミニセッションにご予約いただいた方に、

経緯を話したところ、こんな返事をいただきました。

 

20分一万円高いと思わなかったです。

むしろ妥当(いや、安いかも?)とかおもってます。

私はバカなのかもしれません(中略)

そして、入金した今、吐きそうです(*^^*)笑
ドキドキ(これがオエオエ?)やばいです。

そして朝に申し込みをした直後に
変わりたいと思ってた自分は
本当は変わりたくなかったのかもしれないと気づきました。

そして、変わらないことで
自分は自分を守ろうとしてくれてたんだと思うと、泣きそうです。

それに気づけて自分が愛おしくなっただけでも、申し込んだ価値はあります。

 

 

わたしは、何もしていません。

その方が、自分で決めて、たった20分、
わたしに会うために

1万円というお金を払うことを決めて、

(↑当時201512月時点。)

 

 

 

 

そして、始まる前に、

ご自分で「気づき」を得るのです。

 

 

 

 

 

 

自分が同じように

会いたい人にお金を払って会いに行く
ことができるようになった今、

 

だからこそ、

同じように感じてくださる方がこうして
申し込みしてくださっています。

 

 

 

 

セラピストの方は

自分が逆の立場だったら気持ち良く支払いができるか。

 

ここは必ず、自分が受け取れる量と比例してきますので

しっかりチェックすべき部分。

 

 

 

 

たとえば10万円のセッションに、

「このひと」だと思うセラピストに、

自分がしっかり価値を見出し払うことができるか。

 

 

それとも、

 

 

モニター価格のセッションを渡り歩き、

ちょうど新規価格の美容院を転々とするように

正規の金額に出し惜しみする感覚が自分のなかにあれば、

 

 

当然ながら逆の立場になって

受け取る側になると、

 

受け取る罪悪感のような、奪うような感覚が出てきます。

 

 

こういうケースはさっさと

自分が「出す」ことに意識を向けるだけ。

 

 

これはお金に限らずすべてのことに言えます。

 

 

 

誰かに会いにいくとき、

フットワーク軽く動けますか?

わたしは会いたい人には世界のどこにいようとも

会いたければ会いに行く労力を惜しむことはないので、

 

逆に東京から新幹線にのって会いにきました

という方の気持ちがわかり、

 

素直に受け取ることができるのです。

 

 

 

循環、

受け取るためには、自分が与えられるか。

 

それはいつだって鍵です。

 

 

 

 

 

 

7 Comments

  • かおる Posted 12/17/2015 11:42

    な、長いです…..

    毎日、マツナガさんから目が離せません。

    しかし、長すぎて正直途中でつらい….でも見たい❤️の葛藤です。

    いろいろいろいろアレコレとても具体的に為になり、自分の中でマツナガさんは今一番気になる方です❤️

    • Mai Matsunaga Posted 12/17/2015 11:44

      笑 長いですか。ありがとうございます。
      ひとつの記事をもうすこし短く区切ったほうがいいのか・・
      もうすこし要約して書いたらいいのか・・・
      ひきつづき模索していきます!!

      一番きになる方といっていただいて嬉しいです
      ありがとうございます!

  • yucca Posted 12/17/2015 12:38

    文章の長さって難しいですよね、私もいつも長い方なので人によっては途中で飽きちゃうみたいです(>_<)笑

    でも私はマイさんの文章長いと思ったことありません。
    短く要約するよりも、細かなニュアンスまで伝わるように残せるように、丁寧に丁寧に書いていらっしゃるんだなぁと思いますし、そこにマイさん自身へのご自愛を感じます。
    ぜひぜひ、これからもマイさんの心地良いと思われる長さで書いて下さい!
    楽しみにしています。

    • Mai Matsunaga Posted 12/17/2015 13:06

      ありがとうございますーー!! 
      長いと思われるかた、そうじゃないかた、それぞれいらっしゃるのですね。
      いまのところ細かいことからどうでもいいぼっちゃんビルの話まで、書こうとおもうとどうしても長くなってしまいますがそう言っていただけて嬉しいです。
      これからもよろしくおねがいします❤︎

  • miko Posted 12/17/2015 18:53

    ちょうどいいです♡
    めっちゃ引き込まれて読んでしまいます。

    • Mai Matsunaga Posted 12/17/2015 19:48

      ちょうどいいですか、それ聞いて安心しました!

  • ayuko Posted 12/18/2015 09:39

    まいさんの言葉なら本一冊分読みたいくらいなので、長ければ長いほど私にとって「良い時間」が続いて嬉しいです。
    時間がたっぷりある時にまとめ読みさせていただいてますし、読み易いので気付けば読み終わってしまってます。私にはちょうどいい感じの長さです♪

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です