吐き出しきる。

今日は新月。

一年でいちばん浄化力の高い日?

これを利用しない手はありませぬ。

 

 

 
新しい自分に生まれ変わるために、

もうこれ以上出し切れないというほど全ての古いものを出し切る。そして、新しいものがたくさん入ってくる。

 

 

これまで相当自分なりに長年向き合ってきたつもりでいますが、(つもり)

抱えてたものが大きすぎて吐き出しても吐き出してもまだ残っていたようです。

ほいでもって、このタイミングでかなり集中的に解放されよと宇宙からあれこれ降ってきております。

 

 

 

学びきるまで、たとえ目を背けて逃げたとしても、また同じことは100%起こります。それが環境が変わったり、相手が変わったりしていても同じこと。

だから最後には、もはや乗り越えるしか方法はないのです。

 

以前は怒りや悲しみや恐怖のような感情だったものは、少し変化しながら今日

「気持ち悪い」という感覚でした。

相手を傷つけてしまうかもしれない恐れ、他人を受いれられない罪悪感、人に依存しまくって人を傷つけ人のせいにしていた頃の過去の自分に対する思い。

「気持ち悪い」などと人に対して思ってはいけない、という罪悪感。

芋づる式に出てくるものを感じながら深いところまでたどっていくと、

 

 

”依存”がキーワード。

ゆがんだ形で依存するパターンの話や男女関係、
先生の実体験を聞いているだけで、
反吐がでそうなほど「気持ち悪い」という感覚を味わい、

気持ち悪すぎて涙が出たのは初めてかも・・・。

 

↑「気持ち悪い」という身体の吐き気のほうじゃなくて、
誰かに対しての嫌悪感のほう。

 

 

自分の感情と繋がることをストップしてしまうと、表面的には楽ですが、結局根がどんどん伸びていって最後はもう一体どこから生えた根なのかわからないほど広がっていくという事態になってしまいます。

 

わたしは自分自身の体験のなかでそれをひしひし痛感しながら、今回もそのいやーーなどん底感、「気持ち悪い」をたっぷり味わってみました。

 

そしてしっかり味わうと、

抜けるのが早いことといったら。

 

前までネガティブなエネルギーを感じると、それを拒否して無理矢理ポジティブな感じに持って行こうとしたり、違うことを考えようとしたり、苦しみのなかに「気づき学びがあるはず!!!!」と強引に「チャンス」に持って行ったり・・・・・

自分はお利口さんに賢く正しいことをしてるんだと
本気で思いこんでいましたが、

今思えばどれも「ありのまま」を受け入れてない、なにひとつ「委ねる」ことができていないのですから、

ことがスムーズにいくはずがありません。

 

というわけで最近、長年のいい子ちゃんコンプレックスからようやく足を洗った私は、

いやなもんは「いやだっっ」

腹が立つことは「死ね!むかつく!くそったれ!」と怒り狂い、(自分の中で)

みじめなときは床に突っ伏して絶望感を味わいながら涙を流し

というダメダメぶりを実験的に徹底してみたら、
かなりいい感じに後腐れなく抜けることがわかってきました。

 

というわけで次から次へと出現する過酷な試練も、
自分の中心と繋がるための必要な苦しみと受け取り、

思いっきり苦しみ落ち込んでみたいと思います。

 

そして今夜は新月。

 

宇宙からの浄化のエネルギーをしっかりと受け取り、
大きく前進するために大きく手をひろげてみよう。

 

 

KICX5888