いつかの記憶

いつか料理をやめた、冬の日のこと

料理をやめたあの冬。 わたしは、どこへ向かおうとしていたんだろう。 パークスロープの、春になると一斉にマグノリアの花が上を向いてさくプロスペクトパークの周りを歩きながら、わたしはただ、それまでがむしゃらに渡り歩いたマンハ …

いつか料理をやめた、冬の日のこと もっと読む »

Water Melon

(なんだこの変な切り方) このまえ、ピクニックでサンドイッチを入れようとおもって買った、カラフルなシステマの薄っぺらい容器に様相を合わせたかのように、そのスイカは薄っぺらかった。 おおきな三角で、食べやすいんだか食べにく …

Water Melon もっと読む »

マウントクック

ためいきが出るみたいな、なにひとつ欠けるものがないような、 完璧な美しい景色 その壮大な自然の中で、どのくらい自分がちっぽけかを知ること すべてが、それでいいと、わかること   あの山をまた、いつか 見に行きた …

マウントクック もっと読む »

Genuine 

Genuine ジャニュイン   という耳慣れない言葉を初めて聞いたのは、上海からアメリカのバーモント州に引っ越して間も無い頃だったと思う。 バーモントというのは、バーモントカレーのバーモントで、りんごがよく取 …

Genuine  もっと読む »