癒し/スピリチュアル まめちしき 女神の告白室-the room Lilac

依存と委ねるの違い。受け取る=感謝=自覚

02/11/2020

感謝と受け取りは密接に関係があります。

上手に受け取れないひとは、感謝もわからないことが多いです。

 

どちらが先とかいうわけじゃなくて、スッと見渡せるようになってくると、それは相互に働いているとわかるようになるので、チェックしてみてね。

 

 

あと、”依存”と”委ねる”が違いがわからないというテーマもみなさん通る道です。

それは似てるけど、まったく違うもの。

 

「依存」は、自分が手綱を手放して、誰かに持って。と言ってるようなもの。

そのときわたしたちは、行きたくない場所に連れていかれると、手綱を渡した相手のせいにします。

”責任”ていうキーワードも関係してますね。

 

手綱を握らないで、馬が勝手に走り出すと怒るのが依存。

感情的に相手に怒りがあるときは、意識してなくてもさらに依存的になる場合が多いので注意です。

 

 

 

「委ねる」は、自分があくまでも手綱を握って、ここに行きたいので連れていってください。とお馬さんの力を借りるということ。

これは信頼があり、自分がきちんと手綱を握っている上で、誰かの力を借りて、それに感謝ができる関係なので、たとえ道がずれたとしても、誰のせいだとも思いません。

つまり相手への怒りなども感じないわけです。

 

あくまでも自分が握っていてこうなった。という自立した感覚がある。

と同時に、誰のせいにもしない分、相互に感謝のようなものと助け合う感覚が生まれてきます。

 

 

 

 

握って、自分の行きたい方に行く。

転ぶこともあるけど、雪のせいじゃない。

重力や、雪や、風に身を委ねると、すてきな体験がたくさんできる☺️

 

 

 


女神の告白室はこちらからどうぞ。今日あったことやご相談、記事のご感想やコメントなどなんでも投稿お待ちしています。

 

 

うまくいかないのは誰かのせい。から、自分が手綱を握っていくシフトへ。
自分が手綱を握ってコントロールして苦しむ時間から、委ねる関係へのシフトへ。
みなさんが個人セッションを通して着実に変化されてます。

カウンセリングセラピー,メニュー
定期90分¥20,000~から受付中です♪

 

 

 

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply