いちばんふつうの小さいよいケーキ(15センチ)

2019年12月23日分再投稿

(写真2019年のクリスマスに5歳のみんなで一緒に飾りつけたケーキ)

イチゴのホールケーキを作るけど、人数が少ない時用。

15cm (4人くらい)1個分

<生地>

  • にわとりのたまご 2個(白身をわけたら10分くらい冷凍庫で冷やす)
  • てんさい糖 60g
  • 薄力粉 66g
  • 透明のごま油/米油 20ml
  • 豆乳 20ml
  • バニラオイル 数滴

 

<飾り用>

  • 200ml 生クリーム
  • てんさい糖 15g
  • いちご 1パック(小さめパック)

 

(スポンジケーキ)

  1. 型の内側に油をぬって薄力粉をまぶす。残りのこなは捨てる。
  2. 180度にオーブンを温めておく。
  3. 黄身に1/3砂糖を入れてを泡立てる。(残りはわけて白い部分に入れる。)
  4. 油やバニラ、豆乳、ふるった粉などを黄身のほうに混ぜておく。※ふるった粉は、最低3回くらいふるう。空気を含ませてとにかくしっかりふるう。じゃないとボソボソの膨らまない原因になる。
    ※ふるった粉を混ぜ込むときに結構時間がかかるので、かならず先にやる。やってるうちにメレンゲが潰れていってふくらみが弱くなる。
  5. 冷凍庫で10分くらい冷やしておいたメレンゲを一気に泡立てる。※砂糖は先にいれない。※半分くらい泡だてたら、少しづつ砂糖を加えていく。
  6. メレンゲが泡立ったら、4に1/3くらい混ぜ込んでつぶさないように混ぜる。
    混ぜたものを今度、白いメレンゲのほうに素早く混ぜて、
  7. 型に入れる。
  8. 数回おとして空気をぬく。余熱180度で30分。
  9. オーブンから出したときに、冷めながら縮むのを防ぐために20センチくらいの高さから一回落とす。
  10. 型ごとひっくりかえして、蒸しつつさます。

 

(かざりつけ)

  1. いちごは3ミリくらいにきる
  2. クリームを泡だてる、半分づつ砂糖をいれて。中は固め、そとはゆるめにしたものを使う。絞る用のは硬くなりすぎないように(そうすると絞った時写真みたいに変になるよ)
  3. 固めクリームを半分ぬる。いちごの端の部分をならべて、またクリームをぬって、スポンジをかぶせる。
  4. 柔らかめののクリームを外側にながして塗っていく。
  5. 上にいちごを並べて、おしゃれじゃなくてふつうの王道のふじやみたいにいちばんふつうに丁寧に生クリームをしぼって飾り付け。

 

いちばんふつうのショートケーキ。

 

なんでもない日のケーキに。
なんでもある日のケーキに。

1年に、3回くらい焼きたいいちばんふつうの、よいケーキ。

 

 

 

 

(↓の写真は18センチバージョン みんなでたべるとき用のサイズ)

みんなで作ってみんなで食べると美味しいね💓

よい紅茶を入れて、いただきます。

 

 

 

 


2022年8月2日 追記

死ぬまでに、あと何回ケーキが焼けるんだろう。それはきっと、数える程度なのか、数えられない程度なのかはわからない。

明日は、ほとんど寝たきりになってしばらく経つお母さんの誕生日。なにか食べたいものがあるか訊いたら、

こんなふうに返ってきた。

 

 

残り812文字

このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。 どうぞ . 会員ではないですか ? 入会のご案内

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。