わからないことは、はずかしいことじゃない

できないことは、はずかしいことじゃない

わからないことを、誰かがダメなことのように言ったから

できないことを、誰かが笑ったから

 

だからわたしたちは、わからないとや、できないことを

ちゃんと、ひとに困ってると言えなくなってしまった。

 

そんなこともわからないのかとか、

そんなことも、できないのって

 

自分ができることは、あたりまえに誰もができるとそう思ってしまう

 

 

でもそうじゃない、

自分も我慢して無理してやってんだ、じゃなくて

ただ目の前で、困った人に

たった一秒手を貸すだけで、いいんだよ

 

「こんなこともできないの?」って笑う代わりに

杖を落とした目の見えない人の杖を、拾ってあげるだけで

その人の人生は、ほんとうに、ほんとうに、救われるんだよ?

 

みんなにとっては、「そんな些細なことくらい」「誰にでもできるし」「役にもたってない」と思うかもしれないけど

それが、生きるか死ぬかを左右する、とるにたらないように見える、

なによりも大切なことなんだよ。

 

 

(なにもしてないよ)を、

(こんなことで、よかったら)

に変えていこう。

 

 

この世界の、ほんとうにほんとうに毎日困ってるひとたちは

とくべつな助けを必要としてるんじゃないよ。

 

とても小さなことなのに、それがとても大事なんだってことに

気づいてもらえないことに、本当に、本当に困ってるよ。

 

 

光を当てられるのは、この世界でおなじように生きている

すべてのひとだよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。