”素敵な衣装を着てうたを歌いたい”

なんかわたし

名誉欲みたいなものが

なくなってるような気がする

注目を浴びたい、みたいなのも

ないように思う

自己顕示欲、強かった気がするんだけど

なんか別にどうでもいいような気がする

 

 

そして、注目とはまったく別の意味で

ただただ、LIVE的なものはいつかやりたいなぁ

それは

お金のためでもまったくなく

ただただ、なんか素敵な衣装を着て

うたを歌いたい

ん?これは、自己顕示欲なんかな

まぁどっちでもいいんだけど

とにかく歌いたいんだな

 

 

 

日々おこったどうでもいいことや、とりあえず聞いてくれ!と言いたいこと、迷ったときや困っていてどうしていいかわからないとき。24時間、あなたの声を井戸に投げこんでください!

 


顕示欲、と表現ってまったく別物。

世間で自分を表現しているひとたちのしごとは、尊くて

それは愛で成り立ってる。

 

同じような表現者として人前に出てる人でも、それが自己顕示欲から来てるものと、純粋な自分を表現するものって波動が全然違うよね。

 

なので

素敵な衣装を着て歌いたい!

ってなんというか、ひとことでいうと、愛を表現するための(自分が自分であることを見せる、みたいな感じかな)最高の方法のうちのひとつだと思う☺︎

 

 

ちなみにわたしも、求道者とか表現者とか色々言われたことがあるけど、ただきれいな洋服を着て写真撮ったりするのがすごく好きだと思う。

もうちょっと年取ったらモデルにもまたチャレンジしたいと思ってるし、いっときはやっぱり迷いというか、「何のためにモデルやるんだろう」ってずっと思ってた時期もあった。

でもなんていうか、それって砂の城を作るのに似てるんだよね。

意味なんて別になくて、でも楽しくて、その時間が全て愛でできてて、自分を生かしたり、持って生まれたものを「使う」みたいなイメージかな。

表現すること、何かを創作すること、もちろん商業的なこととくっついて責任や使命がある場合も多いけど、全部それは「自分が自分として生きること」の一環だと思う。

 

欲しいものを欲しがることって、みんな怖がったり

欲しいものなんてない風に見せたりするけど、それって

 

自己顕示欲、欲を抑えてそうなるんだね。

だから、承認欲求とか自己顕示欲とかを手放して、

純粋に欲しいものを欲しがったり、純粋に望みを現実化させようとすることは、

自分を幸せにしたり、結果周りを幸せにしたり、世界を豊かにすることだと

愛で動けばよい。

 

 

小さい子ってこれが欲しい、あれがやりたい、ここに行きたい

ってただ言う。

それって欲じゃなくて、純粋で、だから周りの大人は一生懸命それを叶えようとするよ。

なんでかって、愛を追い求めてる存在の愛を満たすことは、周りにとってもすごく幸せなことだからだよ。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。