理解は愛で、できている

根本的に理解したときって、忘れようがない。

理解してるから、記憶とか覚えてるとかは関係なく、「わかってる」ことに入る。

その時だけ表面的に理解したことは、何度訊いても忘れるものだ。

そこには本質への理解がないから、何度繰り返し説明されたところで、ズレた行動になってしまう。

 

すべてを突然理解することは、だれしも難しいと思う。

でも、ひとつひとつ、何かを理解したいと努めることは、だれにでも必ず平等にできる。

 

“わたしはこれを、理解する。”

そうして向かい合った物事というのは、最初は上手に扱えずに四苦八苦するものだけれど、必ずある瞬間にハッと気づく時がくるものだ。

その「気づき」は、なにかをひとつ本当の意味で理解することは、魂の成長のことを言うよ。

それは、自分自身の波動をあげて、世界のエネルギーを浄化するちからになるよ。

 

自分自身のことも、過去の過ちも、なぜそれが起こったんだろう?と思うことも、誰かの理解できない言動も、なにもかも。

すべての「理解」は、愛でできてると思うな。

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。