”She is wise”

 

ひさびさにちょっと、自分のために香りをブレンドした。

今成長したい自分と、次のステージに進んでいきたい自分と、今の状況へ必要なときに知恵がおりてきますようにと。

知恵とか、勇気とか、慈悲をふんだんのやさしさや女性性をつめた香りにしようと思ったら、”She is wise.”というフレーズを思い出して書き留めた。

そうかわたしには知恵がちゃんと備わっていたんだよな。

と思いながら。

 

賢いという英語には、smart とか、intelligent とかclever、wise いろいろある。

クレバーはどちらかというとなんかこう、ちょっと狡猾な賢さのときに使ったりとか、スマートはなんていうんだろう、シュッとしてかっこいいときにも使ったりする。わたしは鈍くさくいつも泣いてるので、まちがってもスマートではないのである😂

 

そしてわたしがよくアメリカにいたときに言われたのが、She is wise.

だった。

Wiseという言葉は、わたしのイメージでいくと老人とか老師につかわれる感じがしてて、まだ若くて元気だった自分には、急にしわくちゃになった気持ちになったりとか、可愛くない感じがして

いつもすごく過大で嫌だったんだよね。

なんの経験もなく、こどもみたいに自由に生きていたかったわたしは、WiseではなくPretty と言われたかった笑

 

あれから10年とか経って

もしもいまの自分に知恵が備わってきたのだとしたら、それは短いこの人生の間に、みんながしないような体験を何倍もしたり、ふつうは味わったことのないような辛い時間を過ごしたからだとおもう。

 

経験は、わたしたちにきっと賢さを与えてくれる。

その経験をどうくぐりぬけたかによって。

 

それでほんとうになんか、人間てすごいなと今日そう思った。

あんなに地獄のような時間を過ごしたあとでも、治癒し、ひかりに向かうことができるだけのポテンシャルを、わたしたちの身体は秘めている。

 

それは文字通り奇跡みたいなかんじがする。

 

 

ひとは、変われる。

どんなどん底にいたとしても、かならず健やかな場所に行けるんだなとそうおもって、それはこの世界のなによりも希望だとおもった。

 

 

回覧板がよめなくて泣いてゴミ箱にすてた↑Wiseな女😂ほんまかいな

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。