春の雨と誰にも気付かれない花たち

春の、冷たくて優しい雨が、地を濡らして

みたこともないくらいに小さく健気な花々が咲く。

 

ぱっと小さく一瞬咲いて、あとは誰にも気づかれないうちに散っていくみたいな

花としてフィーチャーされてない花たち

木々は、緑の葉で世界を彩るだけじゃなくて、ときどき実は、とてもささやかな花をつけていたんだと気付かされる。

 

こんな時期が、あったんだ。

こんなとても短い刹那の美しさが、あったんだ。

 

 

はじめてみた、パクチーの花。とても小さくて、先にのびて、しろく可憐な花が咲いてる。

 

虫除けにうえたゼラニウムも2年目。雨に濡れて花が咲いてる

 

何年もずっと、枯らすしか能がなかったタイムは、こんな淡いライラック色の花をつけてる。

ハーブって、ハーブしか知らないけど、花が咲くんだね。

 

 

庭の植木は、夏にばっさり切られて、みんなから疎ましがられるみたいな存在だったけど、春の雨に濡れて、3日家を開けて帰ったら、こんな白い小さな花をそこらじゅうにつけていた。

すこし前には、小さなグリーンのつぶつぶの実ができてることに気づいたんだけど、それはつぼみだったんだね。

ほんの1ミリとか2ミリしかない、ちいさなちいさなつぼみ。

かわいくて、いつまでも眺めていたくなった。

 

去年の秋デビューした小さなバラも、1年立たずにもういちど花を咲かせた。

家を出るときつぼみだったのが、帰ってきたらパッと咲いてた。

 

たった2、3日の時間の伸びしろは、わたしたちがおもっているよりも遥かにすごい。

 

 

春の、こんな季節の変わり目の雨。

やさしくて、いつも好きだな。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。