その向こう側の煌めきのこと

わたしたちの潜在意識とか魂の目的っておもしろいもので、さいしょから教えといてくれたらいいのに、いろいろやってしくじって最後あとから、「なんだ、こういうことだったのか」ってわかることってすごくたくさんある。

人生はほんとうにびっくりばこみたいなもんで、人には2種類いて、

そのギフトが詰まったびっくり箱をおそるおそるでいいから、開こうと最後まで諦めない人と

そんな箱は最初からないとする人

があると思う。

 

そんな箱がないものとして生きることを、わたしは昔否定していたと思う。なんのために生まれてきたのか、ひとには必ず(大それた意味ではなく)その理由があるから。

でも、そういう人生は人生で、よいのかもしれないと最近は思う。

 

びっくりばこを開けて、それを開いて、何かを確かめて、ひっくりかえりながら体験していくのは、とてつもない輝きや喜びがついてくると同時に、チャレンジもたくさんあるから。

 

わたしたちは、自分でほしいと思っているものや、自分には何もほしいものがないと思っていることと

 

本当のきもちが全然違うことがよくある。

 

いつもみんなを見ていて、苦しい原因になっている部分を探すと、それは本当にほしいものじゃないんだよ〜、あなたの本当に望んでることはコレなんだよ

とか、何もほしくないと言いながら、そんなにも強く愛を望んでいるじゃない、と思うこともある。

 

自分もまた、「なんだ、わたしはこれが体験したかったんだな」って後から思うこといっぱいあって

その全ては、おもいどおりにならないことも含めて、最後には大きく「叶えたかったこと」に昇華されてゆくのだとおもう。

 

 

なにかがうまくいかないときに

自分はなにを、体験したいんだろう

と「苦しみ」の向こう側にあるなにか小さな煌めきのことを思ってほしい。

 

あなたが体験したいのは、地獄じゃないはず。

 

その向こう側にある、なにか、とてつもなく大切な、自分にとってとてつもなく大切で、そのために生まれてきたみたいな

ちいさな希望がきっとあるはずだから。

 

 

 

 

そういうすべてのプロセスを、

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。