チューリップ

4月3日のまもなく咲きそうな、チューリップ。

 

毎日草取りをしても、ぜんぜん追いつかないくらいに生命がどんどん勢いづいてる4月のハコニワ。

こんなに忙しい庭は、初めてだ。

 

秋に球根を植えたチューリップ、毎年背がすごく低かったり、なぜか咲かなかったりして、はらはらしながら見守ってた鉢が、綺麗に伸びて、多分ことし初めてちゃんとチューリップを咲かせられそうな予感がしてる。

もう一個の鉢に植えたやつは、4個くらい植えたのが全滅で、同じように水やりをして同じように育ててたのに不思議だった。他のお花が続々芽を出していたときに全然芽が出なくて、全部球根が腐ってるのを発見したときには、ショックで呆然としたよね。

 

たおくんのチューリップが、とても威勢よく1番乗りで咲いたので、「どうしてママは上手にチューリップを咲かせられないんだろう?🤔」と言ったら、

「球根が悪かったんじゃない?」ってさらりと言ってた。

 

じっさいたおくんの小学校のチューリップも、2本植えたうち、1個だけとても長く強く伸びていて、一つは背が低く、咲かなかった。

生命の不思議。

 

そして、生命をととても上手につきあうには、コントロールをやめて、寄り添うことが1番。

わたしが1つ、チューリップを上手に咲かせられなかった大きな理由は、

「チューリップを上手に咲かせたい」と思っていたからだ。

りゅうじ(山下さん)が、実家のお母さんが毎年近所の家じゃないとこまでチューリップをじゃんじゃか植えて、青森の雪の下で寒さに耐えたチューリップが春になると道を彩るという話をきいて、

そうか、チューリップの達人、、、にならねば、、、

と心のどこかで思っていたかもしれない。

 

 

いのちはとても素直で、愛をかけただけ、こたえてくれる。

呼吸を合わせるようにして、なにを望んでいるかを汲み取って、水を減らしたり、増やしたり、ときに肥料をあげると、彼らは世界をこれでもかというほど美しく彩ってくれる。

 

わたしたちはその世話役として、「咲かせよう」などと思ってはいけないのだと思う。

彼らの生命力を、花開くようにそっと脇役として手伝うこと。

自分を生かすということも、きっとそんなふうにある日大輪の花が咲く。

 

いつしかわたしも、別にチューリップの達人にならなくても、わたしはわたしで良いのだ。

そんなふうに思うようになったから、きっと咲いてくれた。

 

 

球根から育てるのは、やっぱり待つ地味な時間が長いし、しばらく年を重ねたら、咲いている株を買ってきた方がやっぱり楽かな。

と思ったりしたものだったけど、去年小さな庭にある場所に引っ越してから、プランターのガーデニングからすこし毛が生えた庭仕事にアップデートされて、しごとも増えるけど、喜びもまた遥かに増えた。

そして、球根からじっと季節をまたいで咲く花は、どれもとても愛おしくて、きっとまた、毎年植えたくなる。

 

2/28 に、芽が出始めたチューリップ

3月25日。まだまだ葉っぱだけ。

 

4月2日

4月4日

 

 

4月5日

何色のチューリップを植えたか、忘れちゃうから笑

グリーンがこんなふうに今日色づいて、そしてうわあ、黄色だ。かわいい。となった。

 

なんでも忘れちゃうのは不便なんだけど、毎日がサプライズに満ちることは嬉しいこと。

 

チューリップはそして、寒さにしっかりあてないと咲かないんだって。

だから、今年は雪もたくさん降ったし、きっとわたしの庭にも春をもたらしてくれた。

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。