電子レンジを設置してもらった日

 

(参照)生まれて初めての電子レンジ

 

昨日、電子レンジの話のやつ、読み始めただけで
いま思い出しただけでもなんか涙が出てくるんやけど
大粒の涙がぼろぼろこぼれた

何を感じてるのかはよくわからんのだけど
とにかく勝手にぼろぼろでてくる

最近は解放のとき、ちょっと意図的に泣いたりして
テクニック的なことを使うこともあるけど
この涙は無意識の深い部分の領域でなにかが動いてるのか
顕在意識では感情としては何も湧き上がってこないやつ
でもぼんやり
なんていうか
つらい感情ではない感じ
あえて言うとしたら
感動…う~ん…違うんだけど…まぁそっち方面かな

 

それで昨日読んだあと、
xxx、そしてお母さんのしてくれることって
あたしのためなんだ!ってなって
自分よりもあたしのためにやってくれてるんだって思って

特にxxxのやつはエゴじゃないわって思って
親でもないのに

あたしにはできないことだから
すごいなと思って

うまく書けないんだけど
うまく表現できないんだけど
これ、すごいやつじゃん、て思った

 

 

 

 


 

今日は、ふるい友達がきてくれて

電子レンジを設置してくれた。

 

自分よりも、誰かのためにやってくれることって

ほんとうに愛で、尊くてありがたいなと思った今日

 

電子レンジを買うことを、こんなにみんなから祝福されたり喜んでもらえたことが、なんだか嬉しかった。

 

置く場所がないから、デンと机の上にとりあえず置いてもらった。
みんなが、そこにいて
守ってくれるみたいに、心強くて、

ずっとこのままでもいいなあと思いながら電子レンジの横で、ごはんを食べた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。