久しぶりのグラノーラ

週末、ひさしぶりに

昔みたいにタオくんと2人で、せっせと予定を立てて、元気に過ごす時間。緊張度は高いにせよ、がんばってる。

外では近所の女子たちがタオくんの相手をしてくれていて、そのうちの1人は山下さんのお気に入りで、よく「タオ彼女ができたんだな」と茶化していた。

 

 

泣いて泣いて不安が止まらなくなったたところに

ふと思い立って、すっくと立ち上がり、わたしはパントリーを漁った。

しばらくグラノーラを焼かなきゃとなぜか思い続けていて、でも山下さんが消えてから
それどころじゃない時間が続いていたあと、急に「今焼く」と思ったのだった。

 

グラノーラは、パンにバターを焼いてトーストするくらい気軽にできる。

焼く前のグラノーラ。

 

オーツと小麦粉、油と砂糖とメープルシロップと。塩とシナモンを少々。

すきなナッツとドライフルーツ。

わしゃっと混ぜて、オーブンで焼くだけ。(間違えて最初にドライフルーツ入れちゃって焦げてしまった)

昔料理教室を開催したときに一度みんなで作ったこともあった。

 

 

久々すぎて、少々焦げたグラノーラをひと口

口に入れた瞬間に「あれ」と思い

ホロホロと何かが、自分の内側で崩れてゆくのがわかった。

 

 

 

そういえばわたしがいつも料理を作っていた頃、

自分の作るものは、美味しいものや華やかなものや特別なものではなくて、

なんていうか「癒されるためのもの」だった。

 

もともと料理を始めた動機が、こころをなんとか立て直したくての食事療法とか

「癒し」だったから結果そうなったのかもしれないが、自分の作るものは未だによく、自分自身も優しく包みこむ。

 

 

そんなわけで、ときどき何かを口にすると、瞬間に浄化が起こることがよくあるのだった。

 

グラノーラをわしゃわしゃ混ぜていた時は、

「久々に作ったから山下さんに食べてほしいなあ、送りたいなぁ、また怒られるかな」

と不安がよぎってて、

 

口にいれた瞬間に何だかアレ?っとおもった。

 

どうもわたしは、

「美味しいものは山下と一緒に食べねばいけない、と思い込んでいる」

がフワッと気持ち悪く降りてきた。あたまのなかがぐしゃっとした。

 

それはつまり、

「山下がいないときには美味しいものは食べてはいけない」

と思っている、、、ということだよね?

嫌な予感がした。

 

昔一回、初めて山下が失踪したときに、突然ご飯が食べられなくなって、山下が戻ってきたときに死んでいた味覚が戻ったことがあって

年が明け、7年前のはなしになるけど

 

もしかしてわたしはずっと、そんなこんなで

山下がいるときには美味しいものを一緒に食べてよくて

山下がいなくなったら、美味しいものは食べてはいけないと思っていたのではと気づいた瞬間だった。

 

しかもその理由は、

もしも1人やタオくん2人きりで、幸せにおいしものを食べているところを見たら、

「なんだ、よかった俺がいなくても幸せにちゃんと食べてんだな。」

「これで俺はもう来なくていいな」

と思われて、

もう2度と山下さんに会えなくなる。

 

そう思い込んでいたようなのだ。わかりやすいほどに依存😂

 

しばし混乱し続けて、ツーと頬を涙がつたい、いつもの

食べていい、食べてはいけない、また会える、もう会えない、が頭の中で大錯綜した。

 

混乱したまま少し経ち、静かにウトウト気を失いかけているところに

タオくんが戻ってきて

泣いていた私をみて、「ママ、大丈夫だよ」と声をかけてきた。

 

すこし時間はかかったのだけど、結論、、

 

長年彼に、気づかぬ重荷を課していたことがショックだったこと

長年食べられなかった理由が発覚したこと(山下さんを待っていた)

などが消化された。

グラノーラが胃の中でゆっくり消化されるのと同時に、長年のきもちが昇華されてく。

 

そのあと、組み替え直して、

 

 

・わたしがひとり(タオくんと2人)で美味しいものを元気で食べていても、食べれずに倒れていても、山下がもどるか否かには関係ない。

・つまり、わたしがひとりで美味しいものを元気で食べていも、山下さんが戻ってくることもあるし、そうじゃないこともある。

と新しい基準ができた。

 

 

 

その後しばらくして、

これまでは、美味しいものをつくると、とにかく山下さんのことを考えることしかできなくて、これを食べさせたい、送ってあげたいと思うばっかりだったのが、

 

「なんだ、、、、2人で、、、てかひとりで美味しく自分で作ったグラノーラを食べてよかったとは、、、、、、」

と狐につままれたみたいな気持ちになった。それはそれで胸くその悪い気分で何回か泣いた。

 

そして、美味しいものを食べるたびに山下ロスにより
シクシク泣いていたのが、長年の呪いが消えてスッと楽になり、

 

「美味しいな、コレ。」

で終わるようになった。

 

 

山下はこの7年の間で一体何度失踪したのであろう。もう数え切れない。

でも今、また戻ってくる保証はひとつもない。

でも、戻ってこない確証もない。

 

 

その日を境に、これから

わたしは美味しいものをひとりで食べてもよいことになった。

 

なぜならそれと山下とは関係なかったことがわかったから。

山下さんと一緒にいると、ご飯が五倍増しで美味しくなる。それは確かだ。

 

 

人の脳みそは、とても不思議だ。

 

呪いが解けるときもまた、不思議だ。

 

 

長年癒しの仕事をしてて、みんなの浄化や解放が奇跡みたいに起こる瞬間を山ほど見てきてるけど

 

いまだに自分の中にこんなふうに起こる。

大事な時間過ごしてるなあ。

 

やきたてのグラノーラは、美味しい。

自分でつくるやつは、一番自分の好みの味になるから、塩加減や甘味も、全部きょうは、おもいどおりにピタリできていた。

あさごはんにタオくんと一緒にたべたグラノーラ。

また作って、また山下さんが帰ってきたら、食べさせてあげよう。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。