ニネターブル冬の香

毎シーズン、台所の香をつくる。

食器洗い用洗剤につける匂い。

 

だいどころの洗剤、iHerbでかったやつと、泡で手をかざすと自動で出るやつを置いてる。

マルチタスクが極端に苦手なので😂、洗い物してる最中に一旦手をおいて、洗剤に持ち替えて出すとかが大変。

でも自動で出るやつは、なんか嫌うひともいるのと、電池切れたら突然出なくなったりするから(笑)、ふつうのも置いている。

 

ひだりの自動泡の洗剤には、やしのみ洗剤150ml に水を100ml入れて、好きな香のブレンドを15滴入れて使う。

 

この冬のブレンド。

  • レモン
  • スパイクラベンダー
  • シトロネラ
  • セージ
  • マジョラム
  • スギ
  • ホーウッド

 

今回の香りは

凛と冷たく厳しい冬の感じにしたかった。

辛い時間がはやく終わるようにあたたかな気持ちにしたいときもあるけれど

なんとなく、今の時間はとても、大切な学びのじかんだと感じたから。

 

過酷な冬

冷たく厳しくて

だからこそ次にやってくる明るい季節の土台づくりとなる。

 

寒さが深まらないと、うまく咲かない花がある。

チューリップは、寒さを感じることで花芽が出るらしい。

 

わたしの一番好きな季節は毎年変わらずに冬で、そしてそれは寒ければ寒いほどいい。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。