ギフテッドと発達障害

色々あった1年だったけど、発達障害についてとことん調べてとことん自分を知り、それを周囲に伝えていくことを延々と繰り返した1年だった。

発達障害という診断やラベルは、そもそも自分のためにあるようでいて、そうじゃない。

そばにいるみんなが理解する手がかりにしたり、ほんとうに大切なひとと共に生きていくために

わかりやすくするために大切なのだとひしひし思う。

セラピストというタイトルもだし、料理家なら料理家、自閉症なら自閉症、なんでもよいけどそれは、周りのひとのためについた名前だ。

 

 

あきちゃんが今日

マイ氏はいわゆるギフティッドど発達障害の2Eなんじゃないかと思った

といくつか情報をくれた。
(あきちゃん=山下さんとマイの間の通訳 山下コンシェルジュ)

 

Gifted ギフテッド というのは、文字通り

才能だとか特別な能力だとかそんな意味合いで使う。

わたしの、セラピストのひとつの大きな目的でもある、みんなが持ってうまれたギフトをただそれに沿って生きるということをしてほしいという願いもあって

The gift シリーズと題してセッションやら制作に名前がついてるんだけど、どうも発達障害とギフテッドは似ているようでいて、微妙に定義として別にしてあるらしい。

ちなみに ブレインクリニック とゆうとこのホームページからの情報。
とシェアしてくれたので、丸ごとコピーすることにする。

 

 

この1年、ほうぼう病院を周り、いかに大人の発達障害を正しく診断できるお医者さんがまだ日本ではとても少ないことを知った。横浜だかどっかはまだ進んでいたりとか、都市によって力を入れているところがあるとは聞いたが、わたしの住んでいる愛知では、もう20年遅れくらいと言われてるらしい。

そんな中で、検査で発達障害クロと診断され、自閉スペクトラム症と適応障害とも診断を受けたが、小児の精神科ではこともあろうに【それだけよくできたら発達障害ではなくて、(なんか忘れたけど自分で演じて思い込む精神疾患)】と嘘つき呼ばわりされたりして散々な思いもした。付き添った福祉の担当の人にまで嘘つきだと思われ、あの日は絶望したな😂。

色々知識のあるみんなから、ディスレクシアの可能性を言われ、
発達障害っ子たちを専門にみている自分の先生からは、ひとしきり小さいころからの話をしたりする中で、
やっぱディスレクシアだね、と言われて色々つじつまが合ってきたりした。

ギフテッドのことも実は言われていたんだけど、今日はリンクの情報をひととおり見て、あてはまる箇所がいくつかあるので、周りにいるひとにまた参考にしてもらえるといいなと思った。

 

思うに一度、小さい頃の成績が良いなら発達障害ではないと言った先生の認識は、ある意味正しく、Giftedという概念が彼女の中に無かったことで、とんでもない方向に持っていかれたのかもと納得した。

わたしはどう考えても総合で高い知能は持っておらず、5歳児級の記憶力なので、凸凹2E型。

 

 

 

以下ブレインクリニックさんより引用

ギフテッドの種類

ギフテッドには「英才型」と「2E型」の2種類があります。

英才型

英才型ギフテッドのイメージ

英才型は全般的に高い知能を持つ人を指します。認知や記憶などの能力が高いため、学業成績はかなり優秀なことが多いです。

周囲から見ても非常に優秀に見えるため、才能を伸ばすための機会が提供されやすいとも言えます。

2E型

2E型ギフテッドのイメージ

2Eとは「twice-exceptional」のことで、「二重に例外」という意味です。

ギフテッドと発達障害を併発している状態を指しており、ある分野では突出した才能を示しますが、苦手なことはとことん苦手な傾向にあります。

発達に凸凹がある」などと表現されたりもします。

突出した能力が見られるものの、マイナス面の印象が強くなりがちで、才能に気づかれることなく過ごしているケースが多いです。これは学校の先生や友だちが気づかないというだけでなく、両親や自分自身すら気づいていないケースも含みます。

ギフテッドと発達障害の違い

ギフテッドと発達障害の違いのベン図

ギフテッドと発達障害は異なる概念ですが、いくつか共通する特徴が見られるため、ギフテッドなのにADHDやアスペルガー症候群と誤診されているケースが非常に多いです。

「ギフテッドかつADHD」や「ギフテッドかつASD」という存在(=2E)を正しく理解することが大切です。

ギフテッドと発達障害の共通点

  • 好きなこと・興味のあることへの集中力が非常に高い
  • 完璧主義で、細かいところまで気にして締切を守れないことがある
  • 論理的思考力が高く、考えが奥深い

ギフテッドと発達障害の相違点

基本的には以下のような違いがありますが、2Eの場合はこれらの特徴が一部逆転していることがあります。

ギフテッド 発達障害
リーダーシップ 得意 苦手
他者の感情を推測する 得意 苦手
ルーティンワーク 苦手 どちらかというと好き
運動・スポーツ 得意 苦手なことが多い

ガードナーによる先天的知能の8分類

ハーバード大学の教授であるハワード・ガードナー氏による多重知能理論では、8つの知能が定められています。

8つの知能

ギフテッドと言っても、どの能力が長けているのかは個人差があります。以下の知能を総合的に見つつ、得意不得意を探していくことが重要です。

対人的知能

他人の気持ちや感情を敏感に感じ取り、周囲の人が求めていることを察知する能力が高いです。リーダーシップを取ることに長け、発言や行動で周囲の士気を高めたりすることが得意です。

子どもの場合は以下のような特徴が見られることがあります。

  • 友だちが多い
  • いろいろな人と話すことが好き
  • 様々なグループに所属したがる
  • 中心人物になることが多い

論理・数学的知能

論理的なパターンや関係性に気づき、抽象的な概念でも難なく対応することができます。数字を扱った説明や論証が得意で、物事の規則性や法則性を導き出して体系化することができます。

子どもの場合は以下のような特徴が見られることがあります。

  • 実験が好き
  • パターンや規則性の研究が好き
  • 質問が論理的
  • 話の矛盾に気づく
  • 課題の設定が得意

博物学的知能

身の回りの事象に対して疑問を持ち、違いをまとめたり共通点を見つけたりすることが得意です。自分で基準や視点を決めて分類・整理したりできます。

子どもの場合は以下のような特徴が見られることがあります。

  • 動物が好き
  • 地図を見るのが好き
  • 勉強した内容を他の分野でも応用できる

視覚・空間的知能

空間認識が得意で、絵や設計図を書くことが得意です。絵や図を見たときに一瞬で細部まで感覚的に理解できてしまうため、理由を問われても説明することができないこともあります。

子どもの場合は以下のような特徴が見られることがあります。

  • 図や絵を描くことが好き
  • プラモデルなどの組み立てが得意
  • 映像を見るのが好き
  • 頭の中で考えた風景やキャラクターをイラストにすることが得意

内省的知能

自分自身のことを正確に把握し、それに基づいた行動を取るのが得意です。

自分の得意なことは他の人の分も進んで手伝ったり、苦手なことは早めに相談したりということができます。自分の関心に沿って研究を続けたりすることで大きな成果を得ることがあります。

子どもの場合は以下のような特徴が見られることがあります。

  • マイペースに行動する
  • 関心のあることには徹底的に詳しくなる
  • 自分の関心に沿って積極的に行動する事ができる

言語・語学知能

話をしたり文字や文章を書くなど、言葉を巧みに使いこなすことが得意です。論理的な話し方や人を引きつける話し方ができ、説得力があります。

子どもの場合は以下のような特徴が見られることがあります。

  • 本を読むのが好き
  • 文字や文章を書くのが好き・得意
  • 話がうまい、おもしろい
  • 人前での発表や演説が得意

身体・運動感覚知能

考えや感情を自分の身体で表現したり、物を作り変えたりすることが得意です。

手先が器用で、芸術的な作品を作ることができたりします。

また、運動神経がよく、いろいろなスポーツをそつなくこなす傾向にあります。

子どもの場合は以下のような特徴が見られることがあります。

  • 動き回るのが好き
  • 実際に触れて感じたり考えたりすることが好き
  • 役になりきるのが得意
  • 学んだことを実際にやってみることが得意


 

みんなのなかにもあてはまる人がいたら、【発達障害】のくくりに入れられて

またややこしく誤解されたりすることもある部分を突破していきたいね。

 

 

ちなみにわたしは「GiftedかつADHDかつASD」

な感じだとおもう。

一度【ギフテッド】という概念のことを知ったときに、涙が溢れて止まらずに、不思議なくらいに理由なく泣いたときがあって、今日もまた、小さいころからの色々や、日本の現状のことを思って泣けた。

型に押し込められて死ぬ思いをしている子供たちが、自由になってほしい。

わたしは38歳だけど、残りの人生はギフテッドとして自由に生きていきたい。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。