やりたいけど怖い、とやる、の違い

なにかを、「やる」と決めたとき、はじめてわたしたちは、失敗することを許されるようなきもちになる。

そして、なにかを「やりたいけど、こわい」とき、わたしたちには、一度たりとも失敗が許されないような気がする。

一度たりとも失敗は許されないと思うとき、わたしたちは「やる」と決めることはできない、と思う。だって、絶対失敗はしちゃいけないから。

 

だから、ただ

「やる」と決めたらいいんだ。

 

そこだけが定まると、どんな失敗も、怖くはなくなるから。

何百回でもトライして、失敗してもいいんだって思えるようになるから。

それは、楽で、とても自由に感じると思うから。

 

 

何度失敗したって、またやればいい。
なんどでも。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。