地球に生えた苔が消えるとき

 

わたしたちにとっての「やくそく」は、

太古の昔から続く、地球に生えた、苔のようなものだと思う。

それは、光と水がただしく与えられる限り、そして、惑星が滅亡するかなにかの地殻変動が起こらない限り、永遠と同義語でつづく。

それは、「明日の13時にスタバの前で」

というやくそくよりは、もうすこし、

「春の次には夏がきて、夏の次には秋が来て、そして秋が終わると冬がきて、ついにはもう一度春が来る。」

そういう感覚なのだ。

 

だから、それは、やぶられない。

規則正しくつづくことが、わたしたちにとってのやくそくであり、

だから、それをたぶん、まもろうとする力が働くのだとおもう。

 

24時間で地球が一周するみたいに生きるから

13時と15時の違いがわからないことは

愚鈍に見えるけれど

たぶん、その、自然の摂理にそって動けたら

とてもシンプルに、ここに自分が存在していると安心してそう思える。

24時間に1度、やってくる朝みたいに

日々のやくそくを思うから

 

それが壊れたり、やぶられたりするときに混乱するのは

艶めく苔がもう2度と

この地球に生えなくなるのと

同じことなんだよね。

 

 

「突然の変化に対処できない」

とよく、書かれるし、じっさいパニックを起こし続けるけれど

みんなはどう?

いつも来るはずの朝が、突然夕方の15時にきたら

混乱しないのかな?

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。