コミュニケーションをひっくり返していく。

 

今、日々、「こういう言われ方をするとパニックになる」

というコミュニケーションのありかたから、周囲の人に、本当に地道に

「この言い方をされると混乱する理由と、なのでこういう言い方をしてほしい」をコツコツ伝えてるところ。

これが実は、日本の未来の、発達障害関係なく全てのひとに必要な気づきとコミュニケーションに繋がってる。

 

発達障害っ子たちと話ができるようになるということは、同時に波動が上がることを意味していて、エゴから愛に向かうことを意味していて、

本来のコミュニケーションを取り戻していくということでもあるから。

 

日本の、謙虚さやへりくだり、回りくどい言い方や、曖昧な言い方。

そのどれもはいつか、この国の美点であって、すばらしい情緒に溢れたコミュニケーションだった。

でも思うんだが、

それって平安時代までだわ!😭😂

 

2021年このカオスになっている現代の日本で、それがいかに弊害として出ているか。

いかに、みんなの精神性が進化していくのを混乱させ、遅らせ、邪魔をしているか。

 

その危機感を本当に世界に知らしめるために、発達障害っ子たちは大勢生まれてきていると思う。

 

 

なので、今は平安時代じゃないからさあ。平成だか令和だかコロナだから。

 

今宵も月が美しくあればなんちゃら=あなたは美しい

 

じゃなくて、今宵も月が美しい→今日の夜の月は明るくてきれいって意味

 

って感じにしっかりなっていきつつ、

その上で、
言葉遊びだとか、情緒とかを楽しむ時代になっていくこと。

 

そうなったら嬉しい。

 

 

混乱している人々に、かけがちなことば6選が紹介されてる。

励ましや、慰めや、解決につながらずにより混乱を増やす言葉に溢れています。

それをされるとわたしたちは、元気をつけてもらったり安心したりする代わりに、強いパニックと不安に襲われるの。

 

なので、こんな言葉をふだんかけていたり、

「なんて言えばいいんだろう?」と思っている、周囲に発達障害の人たちがいるみなさんは、ぜひ参考にしてみてください。

 

⚠️「だいじょうぶだよ」

←いやまじで無責任なこといわんでくれ ぜんぜん大丈夫じゃないからこうなってんだってば、と心で思う

 

⚠️「げんきだして」「がんばれ」

←いやまじで無責任なこといわんでくれ ぜんぜん元気になれないからこうなってんだってば、と心で思う あとは我々にとって、「がんばって」が何をどうすればいいのかがわからなすぎて戸惑う

 

⚠️「そんなふうにならないで」「なんでそうなる」

←いやまじでキチガイになりたいからなってるわけじゃないんだってば、と心で思う

 

⚠️「せんさいなんだね」(神経質だね)

←いやまじでそれ褒めてんの?ばかにしてんのと心で思う

 

⚠️「たいしたことないって」

←いやまじでだから 些細なことで混乱するアリンコの脳ミソだから助けが必要って言ってんじゃん、障害って名前つけられてんの、、、と心で思う

 

⚠️「きにしすぎだよ」

←以下略

 

 

 

これを、ひっくり返していきましょう😭😭😭

⚠️「だいじょうぶだよ」
「大変だったね😭わかるよ」「大変だったな」

←大丈夫じゃないときに、大丈夫と言われて大丈夫な人はほぼいない。

まずは、大丈夫じゃなかったね、大変だったね、と言ってもらえることで、「わかってくれる人がいること」=解決に向かえる可能性を感じてむしろ大丈夫になれる。

 

⚠️「げんきだして」 →「そりゃ、混乱するよね」「そりゃ混乱だな」

←落ち込まないで。元気だしなよと言われて出るならとっくにやっている。

でもわたしたちには、どんな時でも混乱したり、落ち込む権利がある。その権利は、ネガティブのままでいてもいいんだという自虐的な意味ではなくて、(日本の大勢はここにハマってる)まずは認める。その上で、必ず解決に向かう。

この意識が、混乱する側も、助ける側もがなにより大事。

 

⚠️「そんなふうにならないで」 「どうしてそうなっちゃった?」
「理由わかる?一緒に探そう」「理由考えよ」

←混乱してカオスな言動や行動に出た場合に、否定や、むやみに止められたらもうアウト。どこにもいけない我々😅

なぜなら、そのくらいパニックを起こしているからそうなっている。

理由がわかるけど言葉で伝えられないから過剰な行動に出る。または、理由が自分でもわからずに混乱をきたしていることがとても多い。

そういうときに、理由を聞いてもわからなければ、どうしてそうなっちゃったか一緒に考えよう!と言うこと。

これほど心強く、安心で、自分が嫌われたり見捨てられたりする代わりに、解決に向かおうとしてくれる人がいてくれることは、奇跡なのです。

 

⚠️「せんさいなんだね」 →「そりゃそうなるわ。」

 

←これ超おおいやつ😂😂😂みんな褒めてなんとかしようと思ってる笑←そして裏目に。。。

その代わりに、その感受性で生きてたら、そのシチュエーションに耐えきれないよね。とただ理解してもらえること。かならず混乱したり怒ったりする理由があったね。と言ってもらうこと。

それだけで、すうっと混乱が引いて行って、繊細な自分を否定しなくて済みます。

本当に生きづらいから。この世界で。

(今流行の繊細さんのほとんどがエセだとは思うが)エセ=元々の生まれつきではなく感情的なこじれでそうなってるという意味 癒せば図太くなる

 

⚠️「たいしたことないって」
「きにしすぎだよ」
「そりゃ怒って当然😭解決策考えよ」

←たいしたことないことが、処理しきれない頭なのでそうなるのです。この前わたしは郵便屋さんを数時間、買い物も散歩も我慢して待ち続け、気づいたら夜になり、おかしいとおもって玄関にいくと不在通知と携帯に大量の着信履歴。

即パニックを起こし、大変だったんだけど

「いや郵便うけとれなかっただけで大したこないっしょ」
「きにしすぎ」

という人は、本当に、その地獄の感覚にいっさい寄り添うつもりも、楽にするつもりもないのだと思う。意外とこれが、多い多い😭 子供が発達障害っ子なのに、こう言っちゃう親がいると、世界は暗黒へまっしぐら。

 

その代わり、本当に理解してくれてる人の

「たいしたことないから大丈夫だよ」は、神の一声になる。

なぜなら、その「たいしたことないよ」には、ちゃんと解決策が含まれているから。

ほとんどのことが、この3次元の大人たちにとっては対処可能な、社会生活の

ごくごくあたりまえのことが、わからないのが発達障害だったりする。

 

一個一個が小さくて、簡単に解決可能なことであるからこそ、

助ける側はそれをシンプルに示してあげることが

わたしたちが地獄の苦しみで、たくさんの弊害を起こしていくのを全てストップできるのです。

 

 

ちょっと長くなっちゃったけど、大事なコミュニケーションの極意なので書きました。

 

今の日本の多くのみんなは、赤い字で書かれたコミュニケーションで、混乱を二重にも三重にも膨らませている現実。

ちいさな、ちいさな目の前の当たり前のひとことから、みんなが見直してみたら、世界はひっくり返るよ。ピュアな笑顔が、世界に100万倍に増えて溢れるよ。

本当にそう思います。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。