発達障害っ子のすてきなところ6つ

Integrate internatinal school っていうシンガポール(かな?)の学校の発信が、すごく参考になってて、発達障害っ子たちのことをすごく的確に、世界をリードしてくれてる感じがして

これからの日本に参考にしたいとおもってる。

前に書いたディスレクシアのイメージもこの学校の発信からもらった。

(参照)ディスレクシアのこと

ディスレクシアの(識字の障害)の子たちのすてきなところ

1、すっごくクリエイティブ

2、問題を解決するちからがスゴイ

3、他のひとの気持ちに寄り添える高い感覚

4、ものごとをおっきく捉える視点

5、集中力がスゴイ(Mind strengths 合ってる?)

6、観察眼がスゴイ

 

今日はこれを見つけた。

 →

 

 

日々、「こういう言われ方をするとパニックになる」

というコミュニケーションのありかたから、周囲の人に、本当に地道に

「この言い方をされると混乱する理由」をコツコツ伝えてるところ。

 

これが実は、日本の未来の、発達障害関係なく全てのひとに必要な気づきとコミュニケーションに繋がってる。

 

発達障害っ子たちと話ができるようになるということは、同時に波動が上がることを意味していて、エゴから愛に向かうことを意味していて、

本来のコミュニケーションを取り戻していくということでもあるのです。

 

これからも参考にしてってシェアしたいと思います。

 

次でわかるとこだけ訳して、あとはともちゃんに聞きます
(翻訳家のおともだち)

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。