安寧

こころが上擦って(うわずって)る時って

それがたとえ、どれくらい幸せの絶頂であろうとも、あまり心地がよいものではなくて

逆に、恐れ慄くようなみんなが正気でいられないようなシチュエーションで

ただ淡々と、静かなこころもちでいられる時に

わたしはとても、安心する。

 

ひとは、どれほど最高に幸せな1日も

どれほど絶望に満ちた1日も

ただ同じように、心穏やかに、過ごすことができる。

 

毎日が平等に、そうして晴れの日も、雨の日も、

分け隔てなく訪れてくれることが、なぐさめのなかのなぐさめで、安寧だとおもうから。

 

こんな日が、一番だな。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。