(夢ん中くらい休みたかった_(꒪ཀ꒪」∠)_

すごく前のことだけど、ユキちゃんとまだ、今のようなパートナーシップを築くずっと前に

結構まだ、すれ違いというか、待っていた時期に

誰かを責めたり、自分を責めたりすることもなく、

「誰も、悪くないんだよなあ」と言ってたのを見たことがあって

その時に、

これを言える人が、本当に少ないんだよね、

と密かに信頼を寄せたことがある。

 

まだそんなに密に話すようになるずっと前だったからいつかは覚えてないけれど、昨日旅行先でいろいろなことを乗り越えてきてくれたゆきちゃんが、そうつぶやいてくれた。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

The néné ニネ(@the_nene_store)がシェアした投稿

 

誰も、悪くないんだよなあ。

 

浄化係として生まれてくると、本当に、まったく知らない人の苦しみや、感情や、自分じゃない相手の恐れを

代わりに浄化しなければいけない瞬間が山ほど出てくる。

 

根深い執念に取り憑かれ、何世代も前の地縛霊やら今のこの身近に生きているひとたちの不安や根深い怒り

どれも、これも、冷や汗とともに悪夢にうなされるように目を覚ます。

 

誰かを幸せにしているように見えて、ある表層ではとてもそう見えて、仮面の下は悪魔のような滑稽な道化師のように

自分も、みんなも気づかないうちに騙すようにして撹乱させ、最後実はみんなに不幸を引き寄せてるような善良な人も

世間で犯罪を起こして、オフィシャルに犯罪者として認められた、見た目も非難される虐待して子供を殺した若い母親も

こどもたちを苦しめ続けてなお、

平然と自分には関係ないみたいな態度を取り続ける親も

 

誰も、彼も。

 

 

のほほんと

だあれも悪くないよ😀

 

って

言いたいし、そうであってほしいよ。本当に。

それでみんなが、笑っていられるならどれほどいいか。

 

 

でも、苦しみの連鎖をどこかで止めないといけない。

止めるひとたちはいつも、頑張ってる。

みんなが、気づかずに、

その苦しみの輪を自分で作り上げてることも知らずに皆を苦しめていることを肩代わりして

 

死ぬまで癒していくしかないんだと思う。

 

 

めちゃくちゃ最高にその分、楽しくて軽くないと

こんな仕事、絶対にできないよ。

 

 

苦い涙を流し続け、根深い怒りを果敢に浄化続けてくれたユキちゃんが、ひとつ世界を底上げした。

誰も、悪くないという

彼女の男らしく潔い、まっすぐな想いはきっと世界をこれからも絶対に愛の方向に導いていく。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。