信頼が、エッセンシャルなわけ

癒しや変容のなかで

「信頼」というのはやはり、エッセンシャルなもので

 

誰かを支えたいとき、誰かを助けたいとき、誰かを育てたいとき

 

ただそのときに、「信頼」があるから

大丈夫だと、なにもしないのではない。

「信頼」があるからこそ、じっと待ちながら、手を差し伸べる、そんな感じ

 

誰かを支えたいとき、誰かを助けたいとき、誰かを育てたいとき

多くの人は誤解して、

「信頼」しない。

 

信頼できないから、自分が支える

信頼できないから、助ける

信頼できないから、わたしが、手を掛ける

 

そういう感じになる。

 

つまりは相手は「できない」前提で、手を差し伸べるのだ。

そうすると、相手は、

本来持っているパワーや可能性、変容の余地や、癒しに向かえる希望を

むしろ奪われてしまう。

 

 

本当は、誰かを助けたかったのに、なぜか、相手がどんどん力をなくしていった経験が、なかったろうか?

その時あなたは、その相手を、「信頼」していただろうか。

 

 

もうひとつ、「信頼している」だけで、本当に必要な助けができない場合がある。

上のように誤解している場合、「信頼できる」はイコール、助けなどいらないだろう、と決めつけてしまうものだ。

 

そうすると、今度は

癒そうとしているとき、支えを必要とするとき、

一生懸命育とうとしているときに

 

皆目見当つかないほどに、不可能になってしまう。

なぜ、誰も手を差し伸べてくれないのだろう、なぜ、誰も助けてはくれないのだろう、孤独と絶望の中で、人は生きる力を失っていく。

 

 

もしも、大切なものを救いたいと願うならば

それを、必ず信頼してみてほしい。

そして、信頼し、手を差し伸べてみてほしい。

 

そのときに、はじめて、与えるほうは受け取ることができると思う。

受け取るほうは、与えることができると思う。

 

誰かを救うことは、自分が救われることなんだよ。

そこには信頼が、

両方のあいだに、信頼が、いるんだよ。

 

子育てでも

癒しを仕事にするでも
パートナーシップでも

他人でも

同じだよ。

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。