絶対に失いたくないものを、失う

何かを、続けるために

何かを失うくらいなら

いっそ、その何かがもしかして
もう2度と

続けられないかもしれない

ってことを
勇気を出して
選んでごらんよ。


わたしはね
これまで全て
そうしてきた。

自分の苦手なことが、多すぎたから

何かを我慢してやる
ってことがどうしても、できなくて

それでいつも、

これをやるくらいなら、死んでしまってもいい

そう思いながら、生きてきた。


好きなことをしながら生きるってきっと
楽じゃないよね。

でもわたしの場合だけど、

好きじゃないことをして生きることの方が
ただ、死ぬよりも辛いことだと
そう感じてきたのだと思う


命をだいじにしてないとか
生きることをどうでもいいと思ってるとか
xxするくらいなら死んでやる

みたいな
脅迫じみたかんじじゃなくて

とても、
純粋だったよ。


そのくらいに
できないことをするのが
苦しいです。

と、ただ秤にかけられない
自分の命と比べても
それでも
苦しすぎると

そのくらいに最初から
腹を括っていたのだと思うから。



セラピストをやめないといけないと思った時も
それを続けるために死ぬ気でやれることを全部やって
それでダメだったから
何度も
失うものと秤にかけては


やめる選択をした


それは根性がなかったからじゃなくて
ただ
そのくらいに大事なものを
絶対に失いたくないものを

それを失ったら自分全てを失うことなくらいに
クライシスなことを

失わないために

他の何かを犠牲にしないための

最後の切り札みたいな感じだった


でもそれを何度も繰り返して

わたしは今も、セラピストでいる。


恋愛も

絵を描くことも
言葉を扱うことも
食も

家族も


最愛の息子も

どれも
これも

なくてはならないくらいに愛して大切なものたちを


わたしは、失う

ということを通して

今こうやって
その向こう側にいるから



だから怖がらないでほしい


これ以上ないくらいに大切な何かを守りたいならば

それを全て失う覚悟こそが

始まりなんだってこと



本当にきっとわかる日がくる


無くしても愛することができたら
わたしたちに

失うものは

もうなくなるよ



握りしめた大事な何かを
続けるための必死な何かを

静かに解ける日が、
来ますように😊




コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。