そういうのを全部、ふまえた上で

相手が、何かをまだ学んでいる最中だとか、

これから気づいていく最中だとか、

その伸び代だとか、

向いている方向だとか、

ほんとうに持っている愛の部分だとか、

本質の姿とか、

 

そういうのを全部、ふまえた上で、

「相手が間違ったまま」を受け入れて、接していくこと。

 

まちがっていることを、「まちがってる」と弾弓することって

とても簡単で、

むしろ世界にはまだまだそういう部分がやまほどな中で

あれも、これも、

正そうとしていては、身がもたないし、

 

それよりは、

 

まだ、成長過程だと

ただ思い、

 

水をかけること。

 

 

いつも、花を育てると、それが咲くまでの長い時間のことを思い、

種から植えると、それはもうさらに長い時間がかかり、

ひととひととの関係のことを思うと、もっとで、

誰かが、ほんとうの姿に戻っていくのもまた、

同じことなんだと思う。

 

 

まちがってても、いいと、そのままでいさせること。

それでいて、

諦めたり、切り捨てたり、無視するんじゃなくて

愛を、

かけつづけること。

 

 

そうすると、多くは、花を開かせる。

 

癒しとか愛って、いいもんだと思う。

果てしないし、見返りはないし、

咲く保証もない。

でもやっぱ、

いいもんだよ。

これは、このまえから花をつけはじめた、はじめて

種から植えた、スイートピー。

種から植えるのはけっこうめんどいけど、癒しの過程って

種どころか土起こしと土の中にあるガラクタ除去から始まるから、わたしにとっては超易しくて、うれしい時間。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。