金魚をぶらさげた少年のように

この世界には、憂いても

どうあがいても
それでも変えられないことがある。

ていうか
むしろそういうことがほとんどだから

なお憂いても、それでもどうにもならないことが
ほとんどを占めているから

 

 

だからこそ

数少ない
変えられることを
一個づつでいいから
目の前のことを
ちゃんとやるんだよ。

 

世界なんて変えられないから、自分が変わることに

努めて、目の前の小さなことを愛して、

普通のことをただちゃんとやる。

 

 

誰にだってできる
なんでもないことが、全てだよ。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。