人を見上げる人は人を見下す人

この半年で、わかったことがある。

人を見上げる人は、まったく同じように、人を簡単にナメて、見下す。

 

これまでの人生、わたしのことを知らない人は、ほとんどのひとが

手放しで褒めたり、称えたり、尊敬したり、評価したり、羨んだ。

 

それは違和感だらけだったけど、否定したところで

素敵なものは素敵だと人は言った。

だから放っておいた。

 

 

発達障害で困っていて、助けてほしいと言われると、ほとんどのひとが

同情し、心配し、右往左往し、怖がり、親切にし、優しくした。

その親切も、優しさも、人を見下してるときの子供に喋りかけるみたいな言い方も

中身は空っぽだ。

 

 

その違和感は、それだけなら多分まだ良かったとおもう。

わたし自身は、まったく何も変わっていなくて、外見も、職業も、性格も、できることもできないこともほとんど何も変わっていないのに、

世界からの扱いが180度入れ替わったのだ。

 

人を見上げるひとの敬愛は、薄っぺらいもので表面的であって

そういうひとがかける、表面的な優しい言葉もまたとても薄っぺらい。

 

その両方をいやというほど体験してきたこの日本の人生。

 

そんななかで

ただ本当のすがたを捉えて、淡々と愛を示す人が

どれくらい少なくて、どれくらい貴重で、尊いかを日々痛感する。

 

外国にいたときはほとんど気づかなかった。

彼らはあんまり職業とか年齢とかを相手に訊ねたりしないし、かといって他人で

何も知らない相手のことを平気で助けるし、そういう場所でわたしは、

特別に見上げられたこともなければ、なめられたこともない。

 

ただ愛されて、どんなわたしでもマイとして大切にされていたから。

それはとてもシンプルで、楽だった。

 

 

本当に、相手をいろんな外見で決めつけて勝手に接するんじゃなくて

ちゃんと相手を見ていくこと

 

子供と過ごす時ももちろん同じ

 

誰かがどんなひとかを、決めるのは年齢でも顔でも肌の色でも性別でもない。

自分の考えや思い込みで、相手がどんなひとか決まるなら、そこで関係は終わるさ。

誰かがどんなひとかは、本人ですら決めるものじゃないのに。

 

 

それはただ、そこにあるものだ。

伸びしろがあって、希望や未来があって、成長していく本質というもの

これは

最初から与えられたギフトなのだから。

 

ただそれを決めつけるんじゃなくて

知ろうとすればいいだけなんだよ。他人に対しても

自分に対しても。

 

淡々と愛を示すというのは、そういうことだよ。

 

誰かを見上げたり、見下したりする人生は

果てしなくつまらなくて、なによりしんどいとおもう。

それはイコール、いつでも自分が優越感に浸ったり、劣等感にまみれたりするんだから。

 

そこから自由になればよい。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。