確かな、幸せ

こんなに、幸せだった日はいままであったろうか

というくらいに、幸せだった日。

 

いままでわたしが感じていた、

泡をつかむみたいに

光を握るみたいに

不確かな

いつも一瞬で消えてしまう儚い夢のような幸せと違って

 

それは、

生まれて初めて感じる

「確かな」ものだった。

 

 

はじめて、家族みたいな人たちに囲まれて

支えられて

確かにそこに、感じられる安心と

間違えてもいい安心と

何事もなく、しあわせなまま完璧に終わる日

 

ユキちゃんが、わたしを

確かな幸せへと運んでくれた。

 

ユキちゃんのお母さんまできてくれて、誰かが、わたしたちに笑いかけてくれて、

1から10まで安心して終われた卒園式

 

ほんとうにたくさんのひとに支えられて今。

 

ありがとうございます✨

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。