ただ悲しかった、嫌だったと伝えることの大切さ。

大事なことはいつもシンプル

大事なことはいつもシンプル

2016年4月26日分

 

 

 

最近は、たおくんが

「かなしかったこと」や「いやだったこと」

について、ちゃんと話してくれるようになって、それで2人でコミュニケーションの練習をしてる。

 

何かとても嫌なことを、相手に伝えるときって

大人だといろんなオブラートに包んだ言い方になるとおもうんだ。

 

でも、思考を通して、遠回しに、違う言い方で

きもちを説明してしまうと

それってやっぱり、届かない。

 

建前の言葉には、エゴが答えてくるから。

 

もちろん嫌なことを直接ぶつけてもいいけれど、相手を傷つけたくないとか

思うことは当然のことで

でも、そういうときに、あれこれ装飾しないほうがいいと思う。

 

相手を責めたり、なにか婉曲した言い方をすれば、相手は言い訳を並べ立てるか、怒るかのどちらかだと思うから。

 

 

ただ、「悲しかった。」

「とっても嫌だった。」

 

 

それを素直に伝えられて、

「だから、そうしないでほしい。」

 

と言ったとき、一番こころが通じやすくなるから。

 

 

大好きな人に、いつも、

素直に

「これがいやだったから、やめてほしい」

と言えること。

 

それはとっても素敵なことだと思う。

 

 

そしてそれができると、

相手が

「これがいやだったから、やめてほしい」

と自分に言われても

 

「そうだったんだね、ごめんね。」

 

ととても素直に、直そうと思えるようになる。

 

そんな風に関係って、愛を深めていくんだよね。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。